表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 歯磨きだけがオーラルケアじゃない!必ずしておくべき5個のオーラルケア

2018.02.23

歯磨きだけがオーラルケアじゃない!必ずしておくべき5個のオーラルケア


3-001

素敵だななんて憧れを持っていた人が口を開けて笑った瞬間、虫歯だらけの歯だったら…百年のときめきも一瞬で冷めますよね。

そんな経験をされた事がある方は少なくないのではないかと思います。清潔感は口元から、なんて言葉もあるくらい人の印象を大きく左右させるパーツです。

あなたのお口のケアは十分にできていますか?もしかしたら、その口の状態にゲンナリしている人がいるかもしれません。いますぐオーラルケア開始です!

お口の環境は健康寿命にも影響する

口の中のケアは、何もオシャレや印象のためだけではありません。口の中の健康状態は、体全体の寿命にも大きく影響してきます。口の中を清潔に保たないことから生まれるさまざまな恐ろしい症状についてご説明します。

その1:歯周病

日本人の大人の大半は歯周病を患っているともいいますが、歯周病は何も歯の不健康だけではありません。

歯周病を持っていると血糖値が高くなり、その高血圧がさまざまな恐ろしい疾病を引き起こすことにつながります。たとえば、糖尿病や心臓に関する病気、脳梗塞などがその一例に挙げられます。

妊娠中の女性であれば、低体重のまま子どもが生まれてきてしまうことになりかねません。歯周病はただ単なる口の中だけの問題では済まないのです。

その2:虫歯

子供の頃から、甘いものを食べたらすぐにうがいをしたり、歯磨きをしたりしていましたか?

虫歯は初期の段階であれば簡単に治療をすることができますが、進んでしまうと虫歯の菌が顎の骨にまで到達し、外科手術を伴う大事になってしまいます。また、虫歯で歯を削ることになれば、歯はもう二度と戻ってきません。

その3:口臭

男女ともに、人とのコミュニケーションをする上で口臭は気をつけておきたいものですが、自分で自分の口臭に気づくのは至難の業でもあります。

日常的にオーラルケアを怠っていれば、必然的に不潔な口腔状態になり、口臭が起きやすくなっているでしょう。口臭自体で命を落とすことはありませんが、人間関係のスムーズさには問題が生じるかもしれません。

shutterstock_737683087

必ずしておくべき5個のオーラルケア

ご紹介したような恐ろしい状態を引き起こす前に、日常にオーラルケアを行うことを習慣化してしまいましょう。こちらでご紹介するオーラルケアは簡単に自宅で行うことができますし、出先でも続けることが難しくないので、安心です。

オーラルケアその1:歯磨き

歯の健康を守る上で、まず何よりも大切なのは歯磨きです。食後すぐに歯を磨くと酸によって歯が傷む場合がありますので、一定時間おいてからをオススメしますが、軽くでかまわないので毎食後磨くようにしましょう。

オーラルケアその2:タフトブラシの使用

タフトブラシをご存知ですか?先端が少し尖っていてヘッドが小さめのブラシを指します。ドラッグストアや、行きつけの歯科医院で購入できると思いますのでぜひ購入してみてください。

奥歯だけではなく、自分の歯磨きの方法だと磨き残しが起きてしまいがちな箇所をていねいに磨くことができます。

オーラルケアその3:デンタルフロスで歯間もケア

デンタルフロスとは、細い糸で歯間を磨く道具です。ワックスのついているものや、香りのついているものもあります。

使い慣れない方は、まずワックスがついているタイプからはじめてみましょう。歯の間を滑るようにして通りますので歯間の汚れをかき出してくれます。

ミントやティーツリーの香りがついたものを使用すると、さっぱりしていい気持ちでもあります。歯ブラシでは、なかなか歯間までていねいに磨けないので虫歯になりやすい箇所でもありますが、デンタルフロスでケアしておけば心配が減ります。

オーラルケアその4:舌も磨く

最近では一般的になってきましたが、舌を磨くためのブラシも市販されています。舌には舌苔(ぜったい)という汚れがこびりついていますので、優しくこそげ落とすことで口臭予防にもなります。

オーラルケアその5:マウスウォッシュで仕上げ

デンタルフロスで歯間の汚れを取り去り、歯ブラシでしっかりと磨き、下の汚れも除去できたら、最後はマウスウォッシュでぐちゅぐちゅとして仕上げましょう。

アルコールの入っているものは辛くて苦手…という方のために、最近では辛くならないノンアルコールのタイプや、ミントフレーバーではなくフルーツのフレーバーのものも市販されています。

洗口液とも呼ばれており、コンビニエンスストアでも購入できますので気軽に使えます。

正しいオーラルケアを学んで体を健康にしよう

日本は北欧の国々と比較して、デンタルケアの浸透が遅れていると言われ始めたのは約20年前のことですが、現代でもまだまだそのケアに対する重要性は広く浸透していないように思えます。

歯磨き、されど歯磨きです。口の中のことをそんなに真剣に考えたことのない方も、ぜひこれを機会にオーラルケアに関心を持ち、健康全体に結びつけて考えてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
子供の頃から歯医者さんは嫌いで、できるだけ歯は丁寧に扱ってきたという方もいらっしゃる一方で、虫歯なんかじゃ死にはしないし、と高をくくってきた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、口の中の不衛生さは体全体に危険を及ぼします。日々のオーラルケアを少しずつグレードアップして、習慣化してみてはいかがでしょうか。

口の中がすっきりするだけで、気分も爽快になりますし、何だか頭も冴えますよ!少しでも口の中のことに心配がある方は、まずは歯医者さんに行ってみましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから