表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 人気記事 > 最新コンピュータシステムを使った審美歯科・セレック治療のメリットと治療の流れ

2017.06.30

最新コンピュータシステムを使った審美歯科・セレック治療のメリットと治療の流れ


01

「セラミックを使用した歯の治療が、たった1日でできる!」ホントに~?そんなの信じられない!と、思われる方が多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これまで歯科の治療といえば、ある程度の期間や回数が必要でした。そのため、ちょっと通うのが面倒というちょっとマイナスのイメージがあったことは否めません。

そんな歯科治療の領域に、テレビなどでも頻繁に取り上げられて話題沸騰中のセレックが新風を巻き起こしつつあるのです。そこで今回は、「セレック」による最先端の審美歯科治療について解説します。

セレック治療とは

セレック(CEREC)治療とは、医療先進国のドイツからやってきた「セレック」という最新のコンピュータシステムを使用した審美性、即効性の高い歯の補綴(ほてつ)治療です。

セレック(CEREC)には、CEramic REConstruction(セラミック修復)という意味があります。歯の治療にセレックが作り出すセラミックブロックを使用することで、治療と同時に歯の審美性も高められる質の高い治療ができるようになったのです。

さらに、治療が快適で早いのもセレックの魅力といえるでしょう。歯型をとることなく、口腔内を専用の3D光学カメラで撮影するだけで、自分の歯型にピッタリ合う精巧なセラミックブロック(詰め物や被せ物)が瞬時に出来上がります。

従来までの補綴(ほてつ)治療といえば、歯の詰め物ができてくるまでに数日から数週間を要し、治療が1日で終わるなんて考えられませんでした。しかし、セレックの最新コンピュータテクノロジーにより、治療から装着がたった1度の通院で完了するという画期的な審美歯科治療が実現したのです。

セレック治療のメリット

セレック治療の満足度の高さはこれらの4つのメリットをみれば一目瞭然といえるでしょう。

短期間で治療できる

セレック治療の最大のメリットは、最短通院1日、最短1時間という治療完了までのスピーディーさです。1回の治療で完結することができるため面倒な予約や何回も通院する手間が省けます。

歯医者に通う時間がなかなか作れないこともしばしばという多忙な人には特に最適の治療法といえるでしょう。

※患者様の症状やお口の中の状態、加工が困難な素材を使用したりするなど、場合によっては複数回の通院が必要になるケースもあります。

審美性が高い

セレックの最新技術と上質な素材を使用して成形されたセラミックブロックは、治療したことすら忘れてしまうほど自然な美しい仕上がりを叶えます。

セラミックブロックの色味は、周りの歯とのバランスや患者様のご要望に応じて幅広く対応が可能です。

身体に優しい

セラミックは、金属に比べても生体親和性に秀でた人体に優しい素材です。変色やすり減りが少ない耐久性の高さも利点の一つといえるでしょう。

金属アレルギーをお持ちの方にとっては、銀歯などの金属が身体の負担になることもあります。セレック治療は、全身の健康にもいい影響があるのです。

また、摩耗度が本物の歯と近いため、装着後時間が経過しても周りの歯とズレが生じにくいというメリットもあります。

リーズナブル

最新の治療だからと言って患者様の費用負担が増えてしまうということはほぼありません。むしろ結果的にリーズナブルにすむケースが多いといえるでしょう。

なぜならば、従来までは修復物の製作は、歯型を採った後、歯科技工士さんがいる歯科技工所というところへ依頼していたために外注費がかかっていました。しかしセレックがあれば院内で、しかも当日に製作から装着までが完了してしまいます。

そのため、外注費や通院するたびに発生してしまう医療費や通院にかかる費用を削減することができるのです。

また、15年後の残存率の高さに関する臨床研究よれば、約68%の通常の治療に対して、セレック治療は約93%という極めて高い耐久性があるということが明らかとなっています。

セレック治療のデメリット

歯科治療のあらゆる面で優秀な「セレック治療」にも少しくらいはデメリットがあります。

セラミックは金属より割れやすい

強度の面では金属の方が、少し上になります。そのため、硬いものをかむ際などは少し注意するようにしましょう。

しかし通常の噛み合わせの方であれば問題になるりませんし、大切なのは強度だけではありませんので、ご安心ください。また、セラミックでも硬い素材のものもありますので、歯の状態や嚙み合わせ、ご希望によってご提案させていただきます。

治療が困難な場合がある

歯の欠損が著しい場合や歯の抜け方に問題がある、かみ合わせに問題があるなどの場合には、セレック治療が行えないこともあります。

その場合もなるべく歯の健康や審美性を損なわないような治療をするよう最善を尽くしますのでご安心ください。

セレック治療の流れ

02

Step1:カウンセリング、診察の実施

患者様にとって最良の治療になるよう丁寧にお話をうかがいます。治療の内容や費用に関する詳細を説明し、しっかりと納得していただいた上でセレック治療をスタートしましょう。

Step2:歯の治療(削る、古い詰め物を除去するなど)

虫歯や欠損部分などの治療およびセラミックに入れ替えたい銀歯などの金属の詰め物を除去します。

Step3:3D光学カメラによるスキャニング(歯の写真撮影)

セレック独自の3D光学カメラ(オムニカム)によって患部の歯型・歯列をスキャニングします。

これまでの型取り方法といえば、何分間もお口の中に器具などを入れられ、その不快感を耐えなければならないものでした。その点、セレック治療は写真を撮るだけですので、不快感もなくわずかな時間すんでしまいます。

※症状によっては型取りが必要なケースもあります。

Step4:セラミックブロックの設計

コンピュータの3D CADシステムを使用して修復物を設計します。

あらゆる角度から歯の形態や噛み合わせを分析することができるため、精密に調整を行うことが可能です。形状の設計後は色調の調整を行います。

Step5:セラミックブロックの製作

先程の設計データをもとに「歯科用ミリングマシン」という機械(CAM/自動切削機)を使用して、セラミックブロックを削り出していきます。

作業自体は5~10分程度という短時間ですが、非常に精密な修復物を作ることが可能です。ミリングマシンが設計データを基に加工します。

Step6:出来上がった修復物のセット(治療完了)

いよいよセレック治療の最終工程です。

セレックにより短時間で完成したセラミックの修復物を最先端の特殊な技術を用いて、治療部位に接着させます。なお、Step1~4までのおおよその所要時間は1時間程度です。

おわりに

歯医者の予約をすっぽかしてしまって、気まずい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、セレック治療であればそんな心配はご無用です。なぜなら、ほとんどの場合は1度の治療で完了します。

簡単完結&高い審美性があたりまえの新時代の歯科治療が訪れているといえるでしょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから