表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > ダイエット > 歯磨きのついでにダイエット!”ながら”でできる簡単エクササイズ6個

2017.11.22

歯磨きのついでにダイエット!”ながら”でできる簡単エクササイズ6個


4-001

ダイエットは、日々の積み重ねで成功するものです。しかし、「何をやっても続かない」「習慣づけが、どうしてもできない」という人は多いでしょう。そんな人におすすめなのが、歯磨きのついでにダイエットをする方法です。”ながら”でできる簡単なエクササイズで、毎日キレイを手に入れましょう!

歯磨きの時間を有効活用

歯みがきは、誰でも毎日やりますよね。だから、歯磨きにダイエットをくっつけてしまえば、楽にダイエットの習慣づけができてしまうのです。歯磨きをしているとき、動かしているのは利き手だけで、足は自由です。足を使ったエクササイズを集中的に行えば、3分間でも効果がありますよ。

歯磨きしながらできる簡単エクササイズ6個

つま先立ちでかかとを上げ下げしてふくらはぎの引き締め

足を揃えてつま先立ちになり、かかとを上げたり下げたりする運動を繰り返しましょう。ふくらはぎの筋肉が引き締まり、足首もキュッと締まります。とくに足首のくびれがない足に悩んでいる人におすすめです。血流が促され、むくみが改善しますよ。

もも上げで内ももの引き締め

もも上げは、股関節まわりの筋肉を鍛え、内ももを引き締める効果があります。「太ももに隙間がない」と悩んでいる人におすすめです。もも上げをすると、運動を行った後のような心地よい疲労感も得られるため、内勤で運動不足に悩む人はとくに取り入れましょう。

背筋を伸ばし、空いている方の手を腰に掛けて、片足ずつもも上げを行いましょう。ポイントは、太ももを上げ過ぎず、足の角度は90度を意識することと、ゆっくり上げたら3秒キープすることです。交互に5回ずつ繰り返します。内ももがプルプルするのがわかりますよ。

スクワットで脂肪燃焼

4-001

スクワットは、太ももの前側等の筋肉を引き締めるほかに、脂肪を燃焼しやすい身体にする効果があります。つまり、全身が痩せやすくなるということで、これは嬉しいですね。

足をやや大股に開き、つま先を外側に出してガニ股にします。そして、なるべく前かがみにならないよう気をつけながら、ゆっくりお尻を真下へ下ろしていきます。太ももが地面と平行になるまでお尻を下ろしたら、またゆっくりと元の体勢に戻りましょう。前かがみになってしまうと、ただの屈伸運動になってしまうため、気をつけます。

正しいスクワットを行うと、かなり退官の筋肉を使うことに気づくはずです。慣れないうちは2、3回で十分ですが、できれば10回を目標にしましょう。

枕を股に挟んで内もものシェイプアップ

道具を使ったエクササイズも、歯磨き中にできます。ベッドに座り、枕を太ももに挟みましょう。そのまま、力強く枕を挟みつけ、10秒停止します。10秒たったら10秒休憩し、また10秒挟みつけることを繰り返しましょう。無理なく内もものシェイプアップができます。

キックバックでお尻を引き締め

足を後ろにあげるキックバックは、とくに小尻を目指す女性におすすめです。ヒップラインがキュッと上がり、後ろ姿に自身が持てますよ。

足を揃えて姿勢よく立ったら、片方の足をゆっくり後ろへキックします。このとき、足が曲がらないように注意しましょう。グラつかない程度まで足を持ち上げたら、そのまま10秒キープします。元へ戻し、もう片方の足も同じようにキックバックを行いましょう。5回から10回行えば、ヒップに響くのがわかります。

毎日短時間でも続ければダイエットになる

忙しい現代人女性にとって、毎日ジムに通ったり、ジョギングをしたりするのは少し難しいですよね。朝と夜の3分間、歯磨きしながらストレッチするだけでも、かなりシェイプアップ効果が見込まれます。ちょっと退屈だった歯みがきの時間が、より美しくなるためのエクササイズタイムに変わりますよ。

おわりに

ながらダイエットは、きちんと3分間歯みがきをするためにも有効です。タイマーなどを使って、きっちり3分間測ってみましょう。ダイエットに集中しすぎて、歯磨きを怠らないよう注意!そうすれば、外見に磨きがかかるうえ、歯が健康になり、まさに一石二鳥です。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから