表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > ダイエット > 食べ物をよく噛むと何がいいの?噛むことで得られる7つの効果

2018.04.04

食べ物をよく噛むと何がいいの?噛むことで得られる7つの効果


01

早食いは、消化不良の原因になったり血糖値を急上昇させたりする原因になることがありますので、食べ物はゆっくりとよく噛んでから飲み込むことが大切です。

また、食べ物をゆっくりとよく噛んで食べることには、消化不良の予防だけではなく、美容効果や健康効果、さらに病気の予防にも役立つことがわかっています。さらに、噛むという動作は脳とも深い関わりを持っていますので、よく噛んで食べることが脳の健康維持にも役立つでしょう。

それでは、よく噛んで食べることが私たちにもたらす効果についてご紹介していきます。

食べ物をよく噛んで食べなさいと昔から言われるけれど

忙しい現代人は、特に朝食は昼食を短時間で済ませなければならないことが多く、それによって早食いが習慣化している方は多いかもしれません。

ですが、冒頭でも述べているように、早食いにはデメリットがあってもメリットはなく、習慣化してしまうとさまざまな悪影響が身体全体に及ぶ可能性が広がります。
子供の頃には、親から「よく噛んで食べなさい」といわれ、それに従ってよく噛んで食べていたという方も、大人になるといつしか早食いになっていることが多いものです。

では、よく噛んで食べることでどのような効果を得ることができるのでしょうか。

噛むことで得られる7つの効果

よく噛んで食べると、以下の効果を得られることがわかっています。中には、こんな効果も!?と驚く効果もありますので、まずはこれらの効果をきちんと理解するところから始めてみましょう。

虫歯・歯周病予防

食事中には唾液が分泌されますが、よく噛んだ食べることによってさらに多くの唾液が分泌されます。唾液には口の中の雑菌を洗い流す働きがありますので、分泌量が多いほど虫歯や歯周病になりにくいと考えられています。

肥満予防

早食いは、満腹中枢が刺激される前にどんどん食べてしまう可能性がある食べ方で、ご自身で思っているよりも多くの食品を摂取していることがあります。このようにして毎日無意識で食べ過ぎていれば、やがてそれが肥満へと導きます。

そうならないためには、ゆっくり噛んで食べて、食べ過ぎを防ぐことが大切です。1回に口に運ぶ食べ物の量を減らし、ゆっくりと噛んでから飲み込むことを習慣づければ、自然に摂取カロリーを減らすことができます。

がん予防

あまり知られていませんが、唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素によって発がん性物質の働きが抑えられ、がん予防に役立ちます。

脳の発達

よく噛んで食べると、脳に運ばれる血液の量が増えます。そして、これによって脳細胞が刺激されますので、お子さんであれば脳の発達、大人であれば認知症の予防に役立ちます。

胃腸の働きを活発にする

十分に噛んでから胃に送られた食べ物は、消化酵素によって素早く消化され、必要な栄養分の吸収力が高まるだけではなく、不必要な残りカスが体外へ排出されやすくなります。つまり、便秘の予防や改善に役立つということです。

言葉の発音がよくなる

噛むという行為自体が口の周囲の筋肉をよく使いますので、これによって筋肉が発達して滑舌や発音がよくなります。また、よく噛んで食べる舌の筋肉の鍛錬にもなりますので、年齢による言葉の不明瞭さの予防にも役立つでしょう。

表情筋のエクササイズ

顔には何種類もの表情筋が存在し、これらの働きによってさまざまな表情がつくり出されます。また、表情筋は頬を支える大切な役割も持ち、衰えることが頬のたるみの原因になります。そして、よく噛んで食べていれば自然に表情筋のエクササイズを行うことができますので、頬のたるみの予防や改善効果も期待できるでしょう。

健康のためによく噛んで食べる習慣をつけよう

よく噛んで食べることがいかに大切か、理解することができましたね。とりわけ、年々社会問題として取り上げられることが多くなったのが認知症の問題ですが、よく噛んで食べることが認知症の予防に役立つのであれば、よく噛んで食べる方法を実践しないという手はありません。

さらに、たるみ予防のエイジングケアや肥満予防といった美容にもよく噛んで食べるという方法は役立つので、健康のためにも美容のためにも、今日からよく噛んで食べることを意識してみると良いと思います。

02

おわりに

よく噛んで食べるというひと工夫を行うことが美容と健康に役立つのであれば、どんなに忙しいときでも、できる限り早食いをせず、ゆっくりとよく噛んで食べるという方法を実践したいものです。特に、あまり食べていないのに太った気がするという方は、食べ方のせいで思いのほか多くの食品を摂取していることが原因かもしれません。

よく噛んで食べることは、時間もお金もかけずに行うことができる最高の健康法です。特に早食いの癖がある方は、この機会にゆっくりと噛んで食べることを意識してみてはいかがでしょうか。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから