表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 歯が白いと笑顔も輝く!美しい歯を保つポイント16選

2015.12.22

歯が白いと笑顔も輝く!美しい歯を保つポイント16選


f:id:asawabe1023:20160325175721j:plain

どれだけいい笑顔でも、歯が汚れていると好印象が半減してしまいますよね。歯が白く美しく保たれていることで笑顔も輝きます。

ここでは美しい歯を保つポイントをご紹介します。

歯が汚れる原因

歯は内側に象牙質があり、その外側をエナメル質が覆っています。歯のほんのりと黄色い色は象牙質に由来しますが、人から見える白い部分の色はほとんどがエナメル質に由来するものです。つまり、歯をコーティングしているエナメル質を美しく保つのが白い歯のポイント。

エナメル質は硬いので、食べ物を食べたり飲んだりしても簡単に色はつきません。しかし、色の濃いものを食べてほったらかしにしてしまうと、エナメル質の小さな隙間に入りこみ、色素が沈着してしまいます。色の濃い、色素を沈着させてしまうような食べ物には次のようなものがあるので注意しましょう。

ポリフェノールを多く含む食べ物・飲み物

  • 赤ワイン
  • ぶどう
  • 大豆
  • ココア
  • チョコレート

など

お茶や炭酸飲料

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • コーラ

など

調味料など

  • カレー
  • しょう油
  • ケチャップ
  • ソース

など

白い洋服に色がついて落ちないもの、コップに汚れが染みついて落ちないもの、と覚えると覚えやすいですね。もちろん食べてはいけない、ということではありません。食べた後に、歯磨きやうがいをしてケアすれば汚れの染みつきが防げます。では具体的に美しい歯を保つ方法についてみていきましょう。

美しい歯を保つ、効果的な歯磨き

  • 歯磨き粉ではなく、唾液を使って磨く
  • 軽い力で磨く
  • ブラシは小刻みに動かす
  • 1本1本丁寧に磨く
  • 歯と歯の間も、ブラシやフロスを使って磨く
  • 歯茎もマッサージするように磨く

歯磨き粉ではなく、唾液を使って磨く

唾液には殺菌作用があり、これを使って歯を磨くだけでも十分な効果があります。むしろ、研磨剤や合成界面活性剤が含まれる歯磨き粉を使うことで、歯の表面を削り、保護膜をはぎ取って口内善玉菌が住めない環境を作りだしてしまうことも。口内環境が健康に保たれないと美しく白い歯も保てません。食後、日常的な口内ケアには唾液を使って歯を磨いてみましょう。時々、気分をリフレッシュしたいときには、スーッとする歯磨き粉を使ってもいいかもしれませんね。

軽い力で、ブラシは小刻み、1本1本丁寧に

歯の汚れを落とそうと、力を入れて歯を磨いてもあまり効果はありません。かえって歯を損傷する原因にもなるので軽い力で磨きましょう。ブラシを小刻みに動かすと軽い力で磨けますし、細かな汚れも掻きだせます。毎回とはいきませんが、時々はテレビなどを見ながら、1本1本の歯を意識して、丁寧に磨いてみましょう。

歯と歯の間も、ブラシやフロスを使って磨く

お風呂のタイルの目地がカビると壁全体が汚く見えるように、歯と歯の間が汚れていると、どれだけ歯の表面をきれいにしていても歯は白く見えません。虫歯予防も含めて、歯と歯の間もきちんと磨くようにしましょう。デンタルフロスも効果的です。

歯茎もマッサージするように磨く

唾液を歯磨き粉がわりに、というところでも少しお話ししましたが、口内環境を健康に保つことで汚れの予防ができます。唾液が正常に分泌されることで、いわば歯に天然のバリアを張ることができるのです。歯茎にはたくさんの神経が通っていて、適度にマッサージすることで唾液の正常な分泌を促すことができます。歯を磨くときには軽く撫でるように歯茎もマッサージしてみましょう。
s-歯が白いと笑顔も輝く!美しい歯を保つポイント16選2

美しい歯を保つ10の食べ物

歯に汚れがついてしまう前に、口内環境を健康にするような食べ物を食べることで予防ができます。口内環境を健康にする食べ物には次のようなものがあります。

ブロッコリー

ブロッコリーにはエナメル質を守り、酸に負けないバリアのような膜をつくる鉄分が含まれています。

にんじん

エナメル質がすかすかになってしまうと汚れが染みつきやすくなってしまいます。にんじんにはエナメル質を丈夫にするために必要なビタミンAが含まれています。

チーズ

タンパク質、カルシウム、リンなどが豊富に含まれているので、口の中が過度に酸性化しないように保護することができます。

歯や骨の健康に役立つ、カルシウムやビタミンDを多く含んでいます。

しいたけ

しいたけには歯を変色させたり、腐敗させるバクテリアの成長を妨げる働きがあります。

タマネギ

タマネギには、虫歯の原因になるバクテリアを減少させる働きがあります。しいたけと合わせて取りたいですね。

バジル

バジルにも口中のバクテリアを減少させる作用があります。殺菌作用が強く、「天然の抗生物質」とも呼ばれます。

しょうが

しょうがには抗炎症作用があり、歯だけに限らず歯茎や舌など、口の中の組織の健康を保つことができます。

パイナップル

パパイヤにはパパインという成分が含まれていて、タンパク質を分解。歯にしみついた汚れを落とす効果があります。

ごま

ごまはその小さな粒を噛みしめることで、歯垢を削り落とすことができます。

まとめ

美しい歯を保つには、日頃の歯磨きと口内環境の健康が不可欠。ちょっとしたコツで効果が変わるので、意識して取り組んでみましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから