表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > インプラント治療 > インプラントとブリッジ、どう違う? それぞれのメリットとデメリット

2016.04.21

インプラントとブリッジ、どう違う? それぞれのメリットとデメリット


f:id:lululolochan:20160421170234j:plain

ある程度年齢を重ねれば、歯を失ってしまう機会が多くなります。これからも健康的な食生活を送るために、インプラントとブリッジのどちらを選ぼうかと迷っている人も多いのではないでしょうか。ここでは、インプラントとブリッジ、それぞれの長所をご紹介します。メリットとデメリットを比べてみることで、治療法選びの参考にしてください。

 

インプラントなら健康な歯と歯茎を犠牲にしない

隣の歯を利用して橋をかけるように人工歯をかぶせるブリッジは、両隣の歯を削って人工歯のための土台を作らなければなりません。

健康な歯を削らなければならない辛さに加え、噛むたびに土台となる歯への負担が集中するため、やがて傷んできます。また、欠損部分は歯茎に噛む力が伝わらないので、歯茎が徐々に痩せてきてしまいます。

一方、抜歯した部分の根元から人工物に差し替えるインプラントは、他の健康な歯に負担がかかりません。また、噛むときに歯茎へ力が伝わるため、歯茎が痩せる心配はありません。

インプラントならケアがしやすい

ブリッジは欠損部分の下部に汚れが溜まりやすく、スーパーフロスと呼ばれる特殊なフロスで下部のケアをする必要があります。なお、ブリッジの一部が欠けてしまうと修理が大がかりなものになります。

1本を支えるために両隣の2本を土台にするので、修理中は合計3本分の歯が使えません。 一方、インプラントは歯ブラシやフロスなど一般的なケア用品で歯磨きをすることができますし、欠けてしまったとしても、表面だけの問題であれば人工歯根にかぶせてある人工歯部分を修理に出すだけで済みます。

修理中も日常の食生活にあまり差しさわりがありません。

インプラントならどの部分の歯でも利用できる

ブリッジは両隣に歯がない状態では利用できません。つまり、一番奥の歯に施術することはできないのです。

隣同士の2本が欠損している、健康な歯の両隣が欠損しているなどの場合は、4本分、または5本分のブリッジを作ることで対応可能ですが、土台となる歯の負担がかなり大きくなります。

一方、インプラントの治療対象は欠損部分だけなので、どの部分の歯でも利用することができます。

f:id:lululolochan:20160421170336j:plain

ブリッジなら治療が早く完了する

インプラント治療は、早くて3ヶ月、長いと1年ほど治療が続きます。まずは人工歯根を埋め込んで定着するまで待ち、しっかり固定されてから人工歯をかぶせなければならないからです。

定着するまでは仮歯で過ごせるため見た目に支障はないものの、頻繁に長く通院することを負担に感じる人はいるでしょう。

一方、ブリッジは早ければ1週間ほどで治療が完了します。通院回数も、歯を削るときとブリッジを装着するときの2回で済みます。

ブリッジなら比較的料金が安価

インプラント治療は保険外診療であることがほとんどなので、全額自費負担となります。

病気や事故で欠損した場合には保険適用となることがありますが、条件はかなり限られていますから、高額になることが多い治療法です。

一方、ブリッジは金属やプラスチック素材であれば保険内診療となりますので、費用が安く抑えられます。ただし、自費診療のほうが見た目がきれいに仕上がるでしょう。自費の場合でもインプラントより3割ほどは安価です。

ブリッジなら治療の条件が少ない

インプラント治療は、あごの骨に人工歯根をねじこむため、自分の骨がほとんど残っていなかったら諦めなければならない場合もあります。

また、骨粗鬆症や糖尿病などの疾患を持っていると治療が困難になりがちです。CT技術が発達したり、手術後に全身状態の管理を行ったりすることで問題は解決されつつありますが、対応できない病院も少なくありません。

一方、ブリッジは持病やあごの骨の状態に関わらず利用することができます。手術後、疾患のせいで治療部分が損なわれることもありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。インプラントは高額にはなりますが、周囲の歯に影響を与えないので、10年後や20年後を見据えるのであれば結果的にお得かもしれません。

日ごろのケアに自信があったり、予算が十分でなかったりする場合はブリッジを選ぶのも一手です。自分にはどちらがより適しているか、歯科医とも十分に相談して選択しましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから