表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > インプラント治療 > インプラントの費用の仕組みって? 全部でいくらかかるか知りたい

2016.04.21

インプラントの費用の仕組みって? 全部でいくらかかるか知りたい


f:id:lululolochan:20160421170713j:plain

第二の永久歯とも言われるインプラント治療なら一生安心なのはわかっているけれど、費用面が不安……と悩む気持ち、分かります。保険外診療と聞くと、どうも怖気づいてしまいますよね。歯科医師へ相談に行く前に、インプラント費用の総額を知り、心構えをしておきましょう。

 

インプラントそのものも、手術も、場合により金額が違う

インプラント治療は、欠損箇所にねじ状の人工歯根(インプラント本体)を埋め込み、その人工歯根の上に支台(アバットメント)を介して人工歯をかぶせる治療法です。

インプラント本体にはさまざまな種類がありますから、どのメーカーの、どんな質のものを使うかによって費用は変わってきます。

なお手術代についても、例えば自分のあごの骨がインプラントを支えるのに十分でない場合は、骨移植などの補助手術を行わなければなりません。

また恐怖心が強い場合は手術で使う麻酔の種類を変えなければならないなど、ケースによってかなり金額が違うのです。

インプラント費用の内訳1 インプラントそのものと、それに伴う手術の費用

費用の大枠をつかむため、インプラント治療の内訳を見ていくことにしましょう。まず、インプラント手術そのものについては、以下のようなものが挙げられます。

・インプラント本体とその埋入手術の費用(10万円~30万円程度) ・上部構造(アバットメントと人工歯)とそれをかぶせる手術の費用(10万円~15万円程度) 医院がホームページに載せている「インプラント費用」は、特に断り書きがなければ、インプラント本体とその埋入手術費用を指していることが多いものです。

当然、その後にアバットメントと人工歯をかぶせる手術が必要ですし、前後に検査やメンテナンスが必要ですから、全体の費用の中の一部でしかありません。まずはこのことに注意しましょう。 インプラント本体は、質の良いもの、実績のあるメーカーのものほど高くなります。

金額を抑えるために、あまりにも安いインプラントを選ぶのは賢明ではありません。実績のないメーカーのインプラントは、何かトラブルを抱えたときに変わりの部品を手に入れられない危険性が高まるからです。

あまりに費用が安い場合は、どんなインプラントを使うのか歯科医師にたずねてみましょう。 

f:id:lululolochan:20160421170749j:plain

インプラント費用の内訳2 その他の手術にかかる費用

インプラント治療のために必須である手術のほか、人によっては以下のような手術や麻酔のための費用が必要です。 ・骨移植などの補助手術費用(5万円~) ・特別な麻酔を選択したときの費用(1000円~7万円程度) 補助手術の内容は多岐にわたり、金額もさまざまです。

ただし、あごの骨や歯茎に問題を抱えていない人は必要ありません。なお、より無痛で不安の少ない麻酔を選べば、別途料金がかかります。

インプラント費用の内訳3 術前検査と診断の費用

インプラント治療を始めるためには、以下のような検査をし、口内をよく調べることが重要です。 ・レントゲン撮影 ・CT撮影 ・口内写真撮影 ・歯型の模型形成 (以上合わせて5000円~5万円程度) これらは安全・安心に手術を行うため、決して削ることのできない費用です。

インプラント費用の内訳4 術後メンテナンスの費用

手術後、定期的に通院しメンテナンスを受けなければなりません。通院の頻度は人によって違いますが、一回1万円で3ヶ月に1度通ったとして、年間4万円ほどの出費となります。

ただ、口内の定期的なクリーニングはインプラントを施していなくても行った方が好ましいため、あえてインプラントのための費用とは考えないほうがいいかもしれません。

インプラント費用の内訳5 その他の費用

他にインプラントのための費用として次のようなものが挙げられます。 ・インプラントの品質を数年保証する保証書(治療代に含む~治療代の数%) ・仮歯(1万円程度) 高価な家電を購入したとき、いくらか上乗せすれば数年間の保証をつけられることがありますね。

同じように、実績あるメーカーのインプラントであれば、10年単位での保証が用意されていることがほとんどです。 なお、インプラント本体が定着するまでは人工歯をはめず、仮歯で生活するため、仮歯の料金も必要です。

結局、インプラントは総額でいくら?

欠損歯があること以外に、口腔内に問題がなく、あごの骨と歯茎の状態が良好であるならば、インプラントのための費用は、手術・術前検査・保証と仮歯を合わせて1本につき25万円から50万円程度と言うことができます。

平均的な総額として多くの歯科医師がホームページなどに載せている、35万円から40万円という金額と、ある程度合致します。

一方、口腔内に他のトラブルを抱えている場合は補助手術が必要となり、総額の予想が立てづらくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。自己負担を伴う自由診療は、医院によって金額の内訳が違ってきます。

例えば検査料金が明細では無料と書かれ、実際には手術代に含まれているなど、さまざまなケースがあります。

不明なことがあれば、どの項目に何が含まれているのか歯科医師にきちんと質問し、納得してインプラント治療を受けられるようにしましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから