表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 「めんどくさい」「お金がない」は命取り!?歯が抜けたまま放置することで起こる9個のリスク

2016.10.01

「めんどくさい」「お金がない」は命取り!?歯が抜けたまま放置することで起こる9個のリスク


f:id:urj:20160928120450j:plain

歯が抜けた部分を、そのまま放置してしまっている人はいませんか。確かに歯が一本抜けたくらいなら、いくらでも不自由なく食べられます。でも、長期にわたって放置してしまうと意外な影響があるのです。リスクを正確に知っておきましょう。

かみ合わせが悪くなってくる

とくに奥歯は、「なくても見栄えが悪くなる訳じゃないし」と欠損を放置してしまいがちです。しかし、欠損したところにまわりの歯が倒れてきてしまい、またその状態でものを噛む生活が続くので、かみ合わせが悪くなってきます。

かみ合わせが悪くなると、口の中全体に違和感が広がるのはもとより、ひどいときには頭痛がしてきます。これは大変と歯医者に駆け込んでも、すでに後の祭り。欠損歯を埋めるには、倒れた歯を戻すことから始めなければなりません。

虫歯になりやすくなる

かみ合わせが悪くなり、歯がずれてくることによって、だんだん歯の手入れがしにくくなってきます。以前とは歯並びが変わったことに気づかず、同じような歯磨きを続けていると、磨き残しが出てくることでしょう。当然、虫歯が発生しやすくなります。

顔の形が変わってしまう

「右の奥歯が一本ないから、左で噛もう」と片噛みになっている人はいませんか。そんなことはないはずと思っていても、意識して確認してみてください。そのままにしておくと、噛めないほうの筋肉が衰えてしまいますよ。結果、顔の形が非対称になってきます。

消化吸収が悪くなる

歯のないところに食べ物が当たっても、当然かみ砕くことができません。そのまま飲み込めば、消化吸収が悪いことは明らかです。口の中の環境に悪いのみならず、消化器系に負担がかかってしまうのです。

コミュニケーションに支障が出始める

f:id:urj:20160928120501j:plain

前歯がない場合は、発音に要注意です。本来あるはずの前歯部分から空気が漏れ、サ行やタ行の発音がしづらくなります。舌足らずな印象になり、徐々に話を聞き返されるようになってしまうでしょう。

何度も聞き返していると相手も疲れてしまいます。対面であれば表情から言いたいことが伝わりやすいので、さほど問題はないでしょう。しかし、最近友人からの電話が減ったと思うような人は要注意です。あなたの発音が相手を疲労させ、敬遠されているかもしれません。

見た目が悪く、人に与える印象に影響を及ぼす

とくに前歯がないと、見た目に大きな影響を及ぼします。どんなに清潔感があり、体の隅々にまで手入れが行き届いていたとしても、前歯がないだけで人に与える印象はだいぶ悪くなってしまいます。自分の能力には変わりがないのに、前歯がないというだけで損をしてしまう可能性があるのです。

ふさぎがちになり、精神的に影響が出始める

歯のない顔が恥ずかしいという気持ちや、話が伝わりづらいという劣等感から、だんだん人と会うのが億劫になってきます。また、笑うとどうしても歯がないのが目立ってしまうため、口を開けての大笑いは遠慮しがちです。

人に会い、語り合い、大声を上げて笑うことは人間の元気の源ではないでしょうか。それが苦痛になってしまうと、しだいにふさぎがちになり、元気をなくしてゆくでしょう。

顔まわりの筋肉バランスが崩れ、体調不良になる

歯を多く失い、またそのままにしておくと、ものを噛む位置が不安定になります。あごの筋肉の使い方が不自然になるため、あごの筋肉とつながっている首、頭、肩などの筋肉バランスが崩れ、肩こりなどを引き起こす要因となります。

精神的にも身体的にも不調を繰り返す

人前に出たくないという気持ちがあることに加え、ひどい肩こりにまで悩まされるようになったら、外出すること自体が億劫になってしまうでしょう。引きこもりがちで運動不足になり、コミュニケーション不足で脳も活性化しません。高齢者であれば寝たきりや認知症の遠因になることは、想像するに難くないですよね。

まとめ

歯が一本ないだけで、精神的にも身体的にもかなりの悪影響を及ぼすなんて、考えもしなかったという人が大半ではないでしょうか。口は食べ物の入り口であり、コミュニケーションの最重要ツールであり、顔まわりの筋肉を健康に保つためのキーポイントでもあるのです。

抜歯をしたら、何らかの方法ですぐに埋めないと、命取りになりかねません。面倒と思わず、すぐに歯医者さんへ相談しましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから