表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > メイク > ファッションやメイクに気を遣うように歯の美しさも気にしよう!審美歯科のススメ

2017.02.06

ファッションやメイクに気を遣うように歯の美しさも気にしよう!審美歯科のススメ


01

美しさを極めたいと、ファッションやメイクの研究にいそしむ方は多いと思います。そんな方に質問です!歯の美しさは気にしていますか?会話中、歯はけっこう見られています。黄ばんだ歯が印象に与える影響を知って、より美しくなるために、歯にも投資しましょう。いざ審美歯科へ!

歯の美しさは第一印象に影響する

日本人が歯科衛生に無頓着だということは、以前から指摘されてきました。歯並びが悪ければ正しい発音ができない英語圏では「子どもの歯科矯正は親の責任」といわれるほど高い意識で取り組みがあり、スウェーデンでは18歳まで歯科矯正が無料で受けられます。そんな欧米に比べ、日本人の多くは「歯医者は虫歯になったらいくところ」という意識しかありません。

初対面の人に挨拶するときニッコリ笑う「スーパースマイル」は、今や世界中のお約束です。そんなときに歯が汚かったら、第一印象は台なしになってしまいます。このような事情から、日本でも意識の高いビジネスパーソンや接客業を中心に、ホワイトニングや歯列矯正をおこなってくれる審美歯科への興味が高まってきました。

歯に関する美意識が高まると、他人の歯も気になってきます。歯の黄ばみに無頓着なままだと、欧米並みの感性を身につけた日本人から「わ、歯が汚い!」と思われてしまうことでしょう。日本においても、歯の美しさが第一印象に影響してしまう時代がすぐそこに来ている、いえ、もう来てしまっているといっても過言ではありません。

歯がキレイでないと、3歳老けて見える?

02

2014年に、アンケートサイトが20代から40代の働く男女300名を対象に「歯の白さに関する意識調査」をおこないました。すると同じ顔の写真の歯を少し着色しただけで、印象年齢に3歳もの差が出たのです。同じ女性の写真を見せて、何歳に見えるか尋ねたところ、白い歯では22.6歳、黄ばんだ歯では25.3歳という結果になりました。※1

メイクの絶妙さで若々しく見せても、機能性下着で胸やおしりを持ち上げても、歯が黄ばんでいるだけで老けて見えるなんて悲しいですよね。でもこれは裏を返せば、歯を白くするだけで3歳も見た目年齢を下げることができるということではないでしょうか。ファッションやメイクに細心の注意を払うことと同じくらい、簡単で確実な方法です。

会話しているとき、意外と口元が見られている

「歯を白くすれば、若々しく見える」という言葉にピンとこない人は多いかもしれませんが、それは仕方のないことです。大抵の人がメイクや洗顔のために鏡を見るとき、口元は閉じているため、鏡に向かって笑いかけることはあまりありません。だから、自分の笑った顔をなかなか想像できないのです。

日常生活において人に接する際、人の顔をじっと見るのはどんなときでしょうか。まぎれもなく、会話をしているときです。話を聞くときには相手の目を見るのが基本ですが、ずっと目を見ていると疲れてきてしまいます。目線は下に落ち、とくに動きのある口元へ自然と目がいくことが多いでしょう。つまり、会話をしているとき、口元は意外と見られているのです。

メイクをした後、鏡に向かって話をしてみましょう。あたかもそこに知り合いがいるかのように話せば、いやがおうにも歯を出しながら話している自分に気づくはずです。それが相手に向けている顔だということを忘れないでください。そして、歯がもっと白く、歯並びがもっと整っていることをイメージしてみましょう。顔の印象が、パッと明るくなりませんか。

ファッションやメイクへの投資を歯にも!

審美歯科は値段が高いと思っている人もいるかもしれません。しかし、自分をより魅力的に見せるためファッションやメイクにかけているお金と比較すれば、意外に安いと感じる人も多いと思われます。

たとえば歯科医でホワイトニングをしてもらうオフィスホワイトニングの相場は、1万円から5万円程度で、どれほど白くしたいかで値段や回数が変わってきます。その後、大事にケアすれば効果はかなり持続します。大事にケアするということは、歯全体の健康を守るということにもつながり、自然と虫歯に悩まされることも少なくなるでしょう。

着飾ったり、メイクをしたりすることはとても楽しいですが、自分自身へのケアにはあまりなりません。対して審美歯科に通うことは、美しさと健康の両方を保てる一石二鳥の美容法です。ファッションやメイクにかけるお金をちょっとだけ我慢して、そのぶん歯に投資するだけでも、印象はかなりアップします。この効果はとても魅力的です。

おわりに

鏡の前でニッコリ笑ってみて、自分の歯の黄ばみに愕然としたという人は、自分の笑顔に自信を失ってしまったかもしれません。笑顔に自信がないと人前で笑うことが少なくなり、心身に影響が出る可能性があります。自信をもって大口を開けて笑えるためにも、審美歯科に一度相談してみましょう。今からでも遅くありません!

※1 黄ばんだ歯は人生にマイナスの影響しかもたらさない


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから