表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 人気記事 > 歯肉痩せは知覚過敏や審美性低下につながる!歯肉退縮の原因と治療法

2017.08.31

歯肉痩せは知覚過敏や審美性低下につながる!歯肉退縮の原因と治療法


01

・歯肉(歯ぐき)が痩せて下がってきた気がする
・むし歯じゃないのに歯がしみる
・歯が長く見える気がする

このような症状が思いあたる方は「歯肉退縮」である可能性があります。

歯肉は、歯や歯槽骨を覆って支えてくれている重要な歯周組織の一つです。歯肉の状態は、歯の健康や審美性にも影響をおよぼすため、気付いたら早めに治療をするようにしましょう。

そこで今回は、歯肉退縮の原因と治療法について解説いたします。

歯肉退縮になると冷たいものがしみたり審美性が損なわれる

「歯肉退縮」とは、歯周組織の一つである歯肉(歯ぐき)が痩せて下がってしまう症状です。口元には、笑った時やおしゃべりしているとき、必ずといっていいほど視線がいきます。

そんな口元の美しさを演出するために必要なのは歯だけではなく、健康的な歯肉の存在があってこそです。

知覚過敏、審美性の低下

歯肉退縮は、本来ならば歯肉により覆われている「見えなくていい部分」が露出してしまうのが特徴の症状です。

歯には丸みがあり、根元に行くにつれて細くなっています。そのため露出されると、隙間ができる、歯の凹凸が目立ってしまうなどして審美性が損なわれてしまうのです。

また、冷たいものがしみたり、わずかな刺激にも敏感に反応してしまう知覚過敏の症状があらわれて、辛い思いをしなければならなくなってしまいます。

歯肉退縮の原因

歯肉退縮の原因は1つではなく、人それぞれ様々です。歯みがきなどの日常的なケアを見直すことでクリーピング(歯肉の自然回復)が期待できる例もありますし、歯科での早急な治療が必要なケースもあります。

それでは歯肉が下がってしまういくつかの原因についてみていきましょう。

歯周病

歯周病は、口腔内の細菌の塊が歯に蓄積してできる歯垢(プラーク)や歯石が原因となり、歯周ポケットを形成するのが特徴です。

歯周病になると、歯肉が炎症を起こしたり、腫れたりします。歯や歯を支えている土台の骨も徐々に溶けていくため、歯肉も下がってしまうのです。

歯周病は、歯肉退縮の原因でもありますが、歯肉退縮が歯周病のサインであるともいえますので、歯茎が下がってきたなと思ったら、早めに歯科を受診するようにしましょう。

オーバーブラッシング(歯の磨きすぎ)

オーバーブラッシングは、歯と歯肉(歯ぐき)に過度な負担がかかるため、歯肉退縮の原因となります。歯みがきは、力任せにゴシゴシ磨けばいいわけではありません。歯周粘膜の一種である歯肉はとても柔らかくデリケートなので注意が必要です。

歯肉が傷つき炎症を起こすような磨き方では、健康な歯肉にダメージを与えてしまったり、歯にも傷がついてしまいます。歯みがきで大切にすべきなのは強い力ではなく、優しく丁寧に磨くことです。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと、歯ぎしりをしたり、歯や顎関節にかかる力のバランスが悪くなります。全体的、または一部の歯や歯槽骨だけに負荷がかかりすぎてしまうと、必要以上にすり減ってしまうのです。土台がすり減ってしまえば、歯肉も下がってしまいます。

特に、歯ぎしりはかなりの力が加わりますので、歯のすり減るスピードも、想像以上に速いことが考えられるため、注意が必要です。虫歯や歯周病でないのに歯肉が下がってきている場合には、噛み合わせが原因かもしれません。

加齢

お肌や毛髪、骨などと同じように、歯肉や歯、歯槽骨も加齢による影響を受けます。

定期的な歯科検診を受けて、正しい歯みがきを実践し、虫歯や歯周病がなくても、歯肉は下がってしまうというのです。ある研究では1年間に平均0.25mm下がるという報告がありました。

少なからず加齢により下がってしまうかもしれませんが、そのスピードを遅らせるために今できることは何なのかを考えるようにしましょう。

年をとっても若々しく元気な人もいるように、年のとり方は人それぞれ様々です。天性のものもあるかもしれませんが、歯や全身の健康に気を遣ってきたか、どんな努力をしてきたかという差は出るはずです。

健康的な歯肉や歯の寿命をのばすためには、毎日の正しい歯みがきと定期的な歯科検診はとても重要だといえるでしょう。

歯肉退縮の治療法

痩せて下がってしまった歯肉は放っておくと、どんどん症状が進行してしまう可能性があります。

歯肉退縮した歯肉を回復させたり、歯肉退縮させないように予防するためには、その原因に合わせて適切な治療をおこなわなければなりません。

歯周病治療

歯周病は、口腔内の細菌による炎症性疾患です。歯垢や歯石の蓄積により長い年月をかけて進行します。初期の段階では痛みや違和感がほとんどないことから、気付きにくいというのが特徴です。

長期に渡り蓄積した歯垢や歯石、深く形成されてしまった歯周ポケットは、自力で取り除いたり修復できるレベルではなくなっています。歯周病は、歯科での治療とプロによる専門的なクリーニングを受けることが必要です。

歯ブラシの見直し、正しい歯みがきの仕方を学ぶ

歯磨きもただ磨けばいいというわけではありません。硬い毛のブラシで強い力で磨きすぎてオーバーブラッシングになっていると逆に歯や歯肉を痛めてしまうことがあります。

・歯肉が傷つき磨り減ってしまう(退縮)
・歯の楔状(けつじょう)欠損(歯の表面のエナメル質と象牙質の境目付近が、えぐれたように磨り減ってしまうこと)
・フェスツーン(歯肉の肥厚)
・歯の表面が傷つく
・歯と歯の間(歯間部)の磨き残し

例えばこのような歯みがきの副作用ともいえる症状につながることがありますので、気をつけましょう。また、歯科でプロによるクリーニングをしてもらっても、毎日の歯磨きの仕方が間違っていると、またすぐに歯垢や歯石が蓄積し、歯周病や歯肉退縮が進行してしまう原因を作ってしまいます。

歯科でプロのアドバイスに従って正しい歯みがきの仕方やデンタルフロスの使い方を学ぶこと、自分に合った歯ブラシを選び、正しい歯みがきを実践することはとても重要です。

噛み合わせ治療

噛み合わせが原因の場合は、歯科で噛み合わせを調整する治療をおこなうことで歯肉や歯、歯槽骨にかかっていた負担が軽減します。噛み合わせの治療により、クリーピング(歯肉の自然回復)することが期待できるでしょう。

歯がしみるのを感じたら早めに歯科医院に相談を

02

歯肉は一気に痩せて下がってしまうわけではなく、ゆっくり徐々に下がっていきます。毎日鏡で見ていると慣れてしまうせいか、見た目の変化で気づいた時には、かなり下がってしまっている人がほとんどなのです。

身体が痩せたり太ったり、皮膚がたるんだりするときもなかなか気づきにくいのと同様でしょう。

しかし、歯がしみるという感覚には敏感に反応できるはずです。少し前よりも、冷たいものや甘いもの、酸味のあるものが歯にしみやすいと感じたら、早めに歯科医院を受診して相談するようにしましょう。

歯肉退縮もそうですが、自分では気づいていなかった歯肉炎や歯周病、虫歯が発見されることもあります。早く発見することができれば、痛みを伴うような治療をせずにすむかもしれません。

また、健康な歯肉と歯を守るために自主的に歯科検診を受けることはとても重要です。

おわりに

歯肉痩せは、審美性を低下させ口元全体の美しさに影響をおよぼし、知覚過敏症の原因にもなります。歯周病や嚙み合わせなどの思いもよらなかったお口のトラブルが隠れていることも考えられるため、気付いたら早めの対策が必要です。

健康的なピンク色の歯肉がしっかりと歯を支えてくれているからこそ、笑った時の口元には輝きがあります。

健康的で美しい歯肉をオーバーブラッシングや歯周病で台無しにしてしまうのはもったいないことです。毎日の正しい歯みがき、定期的な歯科でのクリーニングや治療と合わせて、大切にしていきましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから