表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 虫歯になると痛いしお金もかかる!定期的に歯科検診を受ける5個のメリット

2017.07.31

虫歯になると痛いしお金もかかる!定期的に歯科検診を受ける5個のメリット


01

皆さんは、定期的な歯科検診を受けられていますか?健康診断は会社や学校に実施することが義務付けられていることもあり、大人になってからも受けられている方がほとんどです。

しかし、歯科検診においては高等学校までは実施義務があるものの、それ以降の専門学校や大学以上の学校、企業には実施義務はありません。そのため大人になってからは歯科検診を受けるという習慣が忘れ去られてしまっているというのが、日本における歯の健康の落とし穴といえるでしょう。

そこで今回は、歯科検診の重要性について解説いたします。

毎日歯磨きをしていても虫歯や歯周病になる

虫歯や歯周病を予防するために毎日の歯磨きなどによるホームケアは重要です。

しかしホームケアだけでは磨き残しなどもあることから、歯垢や歯石が蓄積してしまうのを完全に防ぐことはできません。辛くて痛い虫歯や歯周病の原因である歯垢や歯石は定期的に取り除かなければ、虫歯になって痛い思いをしたり、大切な歯を抜歯しなければならなくなることがあります。

健康で美しい歯をためには、歯科医院での定期検診やプロによる歯石除去やクリーニングなどのメンテナンスを受けることが必要不可欠です。

定期的に歯科検診を受ける5個のメリット

歯科での定期的な歯科検診や予防歯科についてはなんとなく知っていたり、した方がいいんだろうなあという意識を持っている人はたくさんいます。しかし、実際に定期的な歯科検診や予防歯科に行っている人はまだまだ少数です。

定期的に歯科検診を受けるメリットについて解説します。

虫歯治療で痛い思いをしなくて済む

虫歯の進行度合いの指標は「カリエス(Caries)」といい、5つの段階(C0〜C4まで)があります。

虫歯の初期段階「C0」では、歯の表面のエナメル質の部分が酸の作用で白く濁った程度の見た目の変化で、痛みを感じることもほとんどないでしょう。しかし虫歯が進行し始めていることには変わりありませんので、フッ素などで再石灰化を促進するような簡単な治療をほどこします。

C2はエナメル質の下の象牙質まで進行、C3は象牙質の下の歯髄(歯の神経)まで進行、C4は歯の神経が全て死んでしまった状態です。

C2以降は冷たいものが歯にしみたり、痛みを感じるようになります。治療の際には、麻酔を使用しなければならなかったり、削る、抜くといった痛みを伴い身体にも負担がかかる治療をしなければならなくなるでしょう。

定期的に歯科検診を受けていれば、虫歯をごく初期の段階で発見することができます。この段階で治療をすることができれば、虫歯や治療で痛い思いをしなくて済むのです。

虫歯治療にはお金がかかる

歯を削ったり、抜歯をしなければならないような歯科治療の場合には、治療を複数回に渡って行うこともあります。さらに詰め物や被せ物をしたり、義歯やインプラントなどが必要となってくるため、治療費が高額になってしまうのです。

治療するより短時間で済む

虫歯が重度であればあるほど治療に要する時間や回数、治療期間も長くなります。

定期的な歯科検診により虫歯の初期段階で発見し治療をすることができれば、大切な歯を削ることなく、1~2回程度の治療で済んでしまうことがほとんどです。

年をとっても自分の歯で食べ物を噛める(健康寿命に影響する)

02

日本人の平均寿命は世界でもトップクラスですが、高齢者の残存歯数は他の国と比べても多いとはいえません。

「8020運動」をご存知でしょうか?「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」をスローガンに、厚生労働省と日本歯科医師会が推奨している運動です。

日本ではおじいちゃんおばあちゃんが入れ歯をしているのが当たり前のようなイメージがありますので、無理のある目標のように感じる方も多いのではないでしょうか。

しかしデンタルケア先進国といわれる欧米諸国の高齢者の残存歯数は15~20本、なかでもトップに君臨するスウェーデンは20本です。それに比べて日本における80歳の平均残存歯数はたったの8本で、かなり劣っているのが現状といえるでしょう。

なぜこのような結果になってしまったのでしょうか。

「健康寿命」と「平均寿命」は必ずしも同じではありません。いくら長生きできたとしても残存歯数が少なかったり、健康上の問題により日常生活に制限があっては、健康で幸せな生活を送れているとはいえないでしょう。

そのため、歯を失うことは、好きな食べ物を自分の歯で噛める幸せを失うようなものです。

定期検診で虫歯や歯周病になっていないか確認し、プロによるクリーニングで虫歯や歯周病になりにくい清潔なお口の状態を維持することは、歯を失うリスクを減らすためにとても重要なんだと覚えておいてくださいね。

口腔内トラブルを早期発見できる

歯を失う原因は虫歯だけではありません。高齢者になってからの疾患というイメージがある「歯周病」は成人の半数以上がかかっているといわれています。

重度の歯周病になるまでは、自覚症状がほとんどありません。そのため、痛みや歯のぐらつき、膿が出るなどの違和感を覚える頃には症状がかなり進行しており、手が付けられない状態のこともあります。大学病院の口腔外科で大掛かりな手術が必要になることもありますので、注意が必要です。

定期検診を受けることは虫歯や歯周病の早期発見につながり、最悪の事態を未然に防ぐことができます。

予防歯科が口腔環境を守る鍵

歯科先進国と日本の残存歯数の違いはどこにあるのでしょうか。歯の質や歯科技術、治療方法ではありません。予防歯科や歯のメンテナンスに対する、意識と行動に違いがあるのです。

定期検診やメンテナンスを受ける人がわずか数%の日本に比べ、スウェーデンでは約90%もの人が予防歯科を実行しています。80歳での残存歯数の歴然とした差の理由はここなのです。

治療を終えて、痛みや不快感から解放されたら一生お口の中が健康というわけではありません。生活や食事をする限り歯の汚れは蓄積し続けます。

予防歯科こそがお口の中の歯と歯ぐきの健康を維持し、口腔環境を守る鍵といえるでしょう。

おわりに

美味しいものを自分の歯で噛めることはかけがえのないことであり、健康で幸せな毎日を送るためにとても重要です。

定期的な歯科検診やプロによるPMTCなどのクリーニングを行うことは、残存歯数だけでなく、健康寿命を引き延ばします。幼い頃に培った歯を守るために必要な歯科検診や虫歯予防の方法は、大人になってからは義務ではなく、自主的に個々の健康を守る方法として実践し続けましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから