表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 通院しなくても歯を白くできる!自宅で取り組めるホームホワイトニングのメリットとデメリット

2017.03.31

通院しなくても歯を白くできる!自宅で取り組めるホームホワイトニングのメリットとデメリット


01

ホワイトニングに興味を持って調べてみると、種類は多岐にわたり、それにかかる費用や時間もピンからキリまでで、どれを選んでいいのか困ってしまいますよね。

そんな、歯のホワイトニングには興味があるけれども、まだホワイトニングデビューしていないという方にご紹介したい方法があります。それが、好きな時間に簡単にできるのにしっかりと白さを実感できる「ホームホワイトニング」という方法です。

そこで今回は、ホームホワイトニングについてご紹介します。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、ホワイトニング専用のマウスピースとホワイトニング剤(過酸化尿素、過酸化水素など)を使用し、ご自宅で行える歯のホワイトニングです。

ホワイトニング剤のフリーラジカル(活性酸素)作用により、歯の着色汚れを分解・除去し、まるで漂白したかのように、ご自身の歯がもつ本来の白さを蘇らせてくれます。

その方法はとっても簡単な方法です。専用のマウスピースに薬剤を入れて、毎日2時間ほど装着すれば、およそ2週間でホワイトニングの効果があらわれてきます。即効性はありませんが、回数を重ねるたびに白さを実感することができ、仕上がりが楽しみになってきますよ。

この専用のマウスピースは、歯科医院で自分の歯型に合わせてカスタマイズしてもらうものなので、ぴったりフィットするため快適なつけ心地で違和感もほとんどありません。したがって、毎日のホワイトニングケアでも苦にならなかったという方がほとんどです。

ホームホワイトニングのメリット

02

ホワイトニングは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が施術をおこなうオフィスホワイトニング、自宅で自分自身がおこなうホームホワイトニング、この2種類のホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングの3種類があります。

ここではホームホワイトニングによるメリットをご紹介します。

通院できなくても自宅でホワイトニングに取り組める

専用のマウスピースとホワイトニング剤さえあれば、時間や場所を選ばずに、歯のホワイトニングが可能です。

仕事や家庭、プライベートが忙しくなかなか歯科医院に行く時間を作れない方、旅行や出張が多い方でも、無理することなく美しい白い歯を手に入れることができます。

オフィスホワイトニングより効果が長く持続する

歯科医院で施術してもらうオフィスホワイトニングに比べ、自宅でおこなうホームホワイトニングの効果が長く持続することは数々のエビデンスにより明らかです。

歯の白さを実感するまでに時間はかかりますが、3~10倍くらい持続期間が長いためコストパフォーマンスに優れたホワイトニング方法といえるでしょう。

また、時間をかけて白くしていくホームホワイトニングの方が最終的な限界値は高いといわれています。

自然な白さに仕上がる

ホームホワイトニングは、歯の表面を削ったり、マニュキュアやかぶせモノをするような方法とは違います。時間をかけて歯の内側(象牙質)から歯そのものの白さを取り戻すことができるため、自然な白さが長続きするのが特徴です。

もちろん、食べ物やタバコなどの外的な要因による表面に付着したような着色はオフィスホワイトニングでも白くすることができます。

しかし、加齢など内面的な要因による黄ばみは、ホームホワイトニングでじっくりと時間をかけて漂白する方法が適しているといえるでしょう。

知覚過敏になりにくい

ホームホワイトニングで使用するする薬剤は、安全性を考慮した低濃度のものなので歯に刺激となりにくいため、知覚過敏になるリスクが低いです。

また、歯科医師、歯科衛生士といったプロによる施術であるオフィスホワイトニングは高濃度な薬剤が使用される傾向にあります。そのため、即効性は高いものの、歯には刺激が強く、知覚過敏になるリスクが高まってしまうでしょう。

ホームホワイトニングのデメリット

それではホームホワイトニングによるデメリットをご紹介いたします。

白くなるまでに少し時間がかかる

患者様がご自宅で使用するものであることから、安全性を考慮した低濃度の薬剤となっており、即効性があるオフィスホワイトニングに比べると時間がかかってしまうという点があげられます。

また象牙質やエナメル質の厚さ、着色レベルも人それぞれ違いますので、個人差が出てしまうことは否めません。

結婚式やパーティなど大事なイベントがあるなど、歯を白くしたい期日が迫っている方は、一旦オフィスホワイトニングをして、その後ホームホワイトニングに切り替えるという方法がおすすめです。

治療中は1日2時間装着しなければならない

ホームホワイトニングでは、マウスピースを最低でも2時間程装着しなければなりません。マウスピースが苦手、ストレスを感じるという方には、オフィスホワイトニングやセルフホワイトニングによるホワイトニングをおすすめします。

また、最近ではマウスピースを使用しない「GO SMILE」という種類のホームホワイトニングもございますので、ご希望の方はご相談ください。

食事制限がある(ホワイトニング後、約12時間~24時間)

ホワイトニング直後は、着色しやすい状態なので、しばらくの時間は飲食に制限があったり、喫煙などを控える必要があります。

ホームホワイトニング中控えた方がいいもの:基本的に、色が濃いものや着色の恐れがあるもの

飲み物
コーヒー・赤ワイン・紅茶・緑茶・ウーロン茶・オレンジジュース・コーラ・ココアなど

食べ物
カレー・チョコレート・ぶどう・トマト・タバスコ・コチュジャン・その他、色の濃い食べ物や調味料、合成着色料が入ったもの

その他
タバコ・口紅・うがい薬など

飲食や喫煙などを控えるめやすの時間:12時間~24時間程度

おわりに

ホームホワイトニングは、毎日のちょっとしたスキマ時間にできる手軽さがあります。そのうえで、白く美しい歯とその手に入れた白さを長くキープすることができる魅力的な方法です。

美しく輝く白い歯は爽やかな笑顔をもっと輝かせてくれることでしょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから