表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 歯科矯正の治療後に使うリテーナーの役割とお手入れの方法

2018.02.23

歯科矯正の治療後に使うリテーナーの役割とお手入れの方法


3-001

やっと歯並びが揃ったのに、これからまだまだリテーナーをしなくてはいけないのか…なんて肩を落としてはいませんか?

痛い矯正器具を終えて、面倒な通院を繰り返してようやく終りが見えたのに、まだまだ先が長いと知れば誰でもそのような気持ちになってしまうものです。

しかし、その気持ちに負けてはいけません。歯列矯正は、そこからスタートしているといっても過言ではないからです。

矯正治療後に歯並びが戻ってしまうことがある

全体矯正も方も部分矯正の方も、これまで長い期間矯正歯科に通って器具を調整してもらってきましたよね。

時には器具を動かすのが痛かったり、器具ではが動いていくのが痛くて食事がまともに摂れなかったこともあったでしょう。

その苦労あって、矯正器具が外れた時には、夢にまで見た美しい歯並びが鏡に写っているのです。しかし、矯正器具を外してからそのまま何もしないで過ごしていると、それまでの苦労と努力が水の泡になってしまうかもしれません。

だからこそ、矯正器具を外した後には「リテーナー」をして過ごすのです。

リテーナーの役割

矯正器具を外した時に、担当の歯科医院の方からリテーナーの使い方や守らなくてはいけないことを説明されます。

歯列矯正器具の中では「保定装置(ほていそうち)」と呼ばれる部類ですが、それまでつけていた矯正器具との大きな違いは取り外しができるということです。(一部インビザラインなどで矯正していた方を除く)

ワイヤーなどを使用した歯列矯正を終えた後、移動した歯が元の位置に戻ってしまわないように、一日の中で一定期間ホールドしておくことを目的としています。

ですので、これまでワイヤーなどで感じた痛みは生じません。矯正器具を外したばかりの歯は、まだ不安定で動きやすい状態になっているので、このリテーナーで固定するのです。

リテーナーのお手入れ方法

リテーナーは基本的に取り外しのできるものを使うことが大半ですが、その際に気をつけてほしいのが衛生状態です。

水洗いやお湯洗い、入れ歯洗浄液のような専用の洗浄液につけておくなど歯科医院によって指導は異なってくると思いますので、担当の歯科医にきちんと確認しておきましょう。

リテーナーを不潔にしておくと、口臭や歯肉炎などの原因になりますし、歯周病や歯肉炎になれば虫歯も起きやすくなってしまいます。せっかく歯列矯正で美しくした歯並びですので、ぬかることなくケアを行いましょう。

2-003

リテーナーは正しくお手入れして清潔にしておこう

リテーナーの段階に移った方が陥りがちなのが、リテーナーの着用忘れと衛生管理ができないことです。

これまで長い間、時には痛い思いをして美しく整えた歯並びですので、リテーナーの時期になってもきちんと装着し、適宜歯科医の指定した期間が経ったら通院して都度状態をチェックしてもらいましょう。

自宅では、指示の通りきちんと洗浄やメンテナンスをし、美しくなった歯並びがもとに戻ってしまったり、虫歯になってしまわないように最大限注意を払って過ごしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
歯列矯正は、時間もお金もかかる大変なケアです。子供の頃から何年もかけてようやく美しく整うという方もいらっしゃいますし、部分的に矯正器具を使用して比較的すぐに治療が完了したという方もいらっしゃいます。

ただ、美しい歯並びを保つことができるかどうかというのは、ワイヤーなどの歯列矯正器具の期間が終了してからです。そこからいかに真面目にリテーナーと付き合っていくことができるかで、残りの人生の葉の美しさが変わってきます。

「もう綺麗な歯並びになったし大丈夫!」という気の緩みや、「リテーナーをすると話しにくいし…」と勝手なペースで外してしまったり、出先で取り外しをしてリテーナーをなくしてしまったりすることで、せっかくの矯正期間が水の泡になってしまいます。

そのようなことがないように、歯科医師の指導の元、決められた時間リテーナーを装着し、必要なタイミングではクレンジングや調整をすることを忘れないようにしてください。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから