表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 歯が痛いと感じる理由は虫歯だけじゃありません!歯痛の8個の原因

2017.12.27

歯が痛いと感じる理由は虫歯だけじゃありません!歯痛の8個の原因


歯に鋭い痛みが走ると、真っ先に「虫歯かも?」と思ってしまいますよね。でも、鏡をよく見てみても、虫歯のようには見受けられず、首をかしげることはありませんか。

歯が痛いと感じる理由は、虫歯だけではありません。歯痛の原因について解説します。

虫歯以外にも歯痛が起こる原因はある

shutterstock_640106509

歯痛が起こる原因は、虫歯に限りません。他にも歯の異常はありますし、もしかしたら歯茎の異常かもしれません。いずれにせよ、放っておいてもいいことは何もないので、早めに歯科へ相談することが大事ですが、できれば自分で原因を見つけておきたいですよね。

歯痛が起こる原因は、例えば次の8つが考えられます。歯痛の症状から、どこに異常があるのかを突き詰めてみましょう。

歯痛の原因

虫歯

虫歯菌によって歯が侵食されてしまうのが虫歯です。歯の奥のほうまで侵食されると、そのぶん神経に近くなるため、刺激が伝わりやすくなり、痛みを感じます。

ものを食べて痛いだけではなく、歯を叩いてみたときに響いたら、虫歯の可能性が高まります。

知覚過敏

歯茎が下がり、歯根が露出することによって、また歯の象牙質が露出することによって、冷たいものや熱いものが歯にしみるのが知覚過敏です。広範囲にわたってしみることもあれば、何らかの原因によって一ヶ所だけ歯茎が下がり、集中的にしみることもあります。

歯科へ相談すれば、知覚過敏を和らげるコート剤を歯に塗布してもらえます。また、市販の知覚過敏用歯磨き粉は、歯科で塗布する薬をかなり薄めたものです。毎日使えば、効果が期待できます。

歯肉炎

歯と歯茎の間から菌が入り込み、炎症を引き起こすのが歯肉炎です。痛みを感じる部分の歯茎が腫れていたり、出血が見られたりしたら、歯肉炎を疑いましょう。菌を取り除けば、歯肉炎は収まります。そのためには、歯科での歯石除去が欠かせません。

歯周病(歯根膜炎)

歯周病は、歯肉炎が進行したものです。ずしっとくる鈍い痛みを感じたら、歯周病の可能性があります。歯周病になってしまうと、自力で治すのは困難です。速やかに歯科へ相談しましょう。

歯にひびが入っている

歯にひびが入ると、食べ物を噛んだときに鋭い痛みを感じることがあります。歯ぎしりをする癖のある人は、とくに要注意です。

鏡で確認してみましょう。ひびの入った部分は、歯科で治療を受ける必要があります。樹脂で埋めたり、被せ物をしたりして治療します。

歯ぎしり

朝、目が覚めると歯が痛い人はいませんか。寝ている間に歯ぎしりをしていることが考えられます。前歯の先がギザギザしている人は、さらにその可能性が高まります。マウスピースをして寝ることで、改善が見られるでしょう。

親知らず

生えてきた親知らずが周囲の歯を圧迫すると、うずくような痛みを感じます。親知らずはあごの構造上、斜めに生えてくることが多いため、他の歯にあたったり、磨きづらくて虫歯になりやすかったりします。抜歯が有効です。

非歯原性歯痛

非歯原性歯痛(ひげんせいしつう)とは、歯や歯茎を原因とするものではない痛みのことです。顎の筋肉の痛み、三叉神経の障害からくる痛み、帯状疱疹ウィルスの感染症などが考えられます。原因を割り出し、適切な処置をすることが重要です。

歯が痛い…と感じたら早めに歯科治療を

shutterstock_583922131

歯が痛いと感じたら、「虫歯なんてちょっと我慢して、痛み止めでも飲んでおこう」と思わず、早めに歯科のドアを叩きましょう。歯に関連する病気はたくさんあります。

とくに歯周病などは、手遅れになると重度の歯槽膿漏になり、歯茎が菌に侵されるせいで健康のはずだった歯を抜かなければならなくなるかもしれません。

おわりに

事情があってすぐには歯科へ駆け込めない場合は、せめて飲酒や長時間の入浴は控えておきましょう。血行が良くなると、さらに歯の痛みが増してきます。なるべく無理のない生活を送って、歯痛のストレスを最小限に抑えることが重要です。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから