表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > インプラント治療 > インプラントを始める前に知って欲しい治療に関するQ&A

2018.05.21

インプラントを始める前に知って欲しい治療に関するQ&A


s-shutterstock_564077701

以前では、差し歯が歯を失った際の一般的な治療とされていましたが、近年では、差し歯に変わってインプラント法という治療が主流になりつつあります。
それは、差し歯では経年による歯茎の衰えなどによって、治療後に抜けてしまうなどのトラブルが起こることがありましたが、インプラント法ではそのような心配がないからです。
また、差し歯は歯の根が残っていないと治療を受けることができませんが、インプラント法では歯の根がなくても治療できるというメリットがあります。
それでは、インプラント法に関するQ&Aを詳しくご紹介しましょう。

インプラント治療のQ&A

インプラントってどんな治療をするのですか?

インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、人工歯を固定する治療です。この治療は人工の歯根を顎の骨にしっかりと埋め込むため、差し歯のように経年によって抜けてしまう心配がありません。

インプラントにするメリットはなんですか?

まず、治療後には残っている別の歯や歯茎への負担がかかる心配がないというメリットがあります。
たとえば、入れ歯の場合では安定性に欠け、他の歯や歯茎へ大きな負担がかかることもあり、取り外して入念にクリーニングしなければならないという手間もあります。
ですが、インプラントであれば人工歯が根元からしっかりと固定されていますので、安定性に欠けたり、クリーニングがめんどうだったりすることはありません。

インプラントにリスクはあるのですか?

インプラントは外科手術ですので、リスクがまったくないというわけではありません。
たとえば、合併症の発症や神経の損傷などがこれにあたりますが、熟練した医師による治療であれば、このようなリスクは少ないものと考えられます。

インプラントは誰でも受けられるのですか?

インプラントは外科手術であり、治療に際しては身体に大きな負担がかかります。そのため、全身疾患または重度の糖尿病や心臓疾患などの疾病がある方の場合では、治療を受けることができない場合があります。
また、人工歯根にはチタンが使われますので、金属アレルギーの心配はほぼないと考えられますが、心配な方は事前にアレルギー検査を受けておくと良いでしょう。

インプラントは保険がききますか?

インプラントは自由診療扱いで、保険は適用されません。また、治療の際には手術費用だけではなく、検査料や受診料が別途必要になります。

インプラントの費用はどれくらいですか?

歯科によってばらつきがありますが、検査費用は15,000円~、人工歯は1本当たり100,000円~250,000円前後、手術費用は300,000円前後となります。
ただし、これらはあくまでも目安ですので、詳細についてはカウンセリングできちんと確認しておきましょう。

インプラントの治療に痛みは伴いますか?

手術の前には麻酔を施しますので、治療中に感じる痛みは少ないです。また、外科手術という治療の性質上、麻酔が切れれば痛みが出ますが、歯科では痛み止めの処方も行いますので、痛みを軽減させることは可能です。
手術後の痛みは2~3日程度続きますので、特に傷みに弱いという方は自然に医師に相談し、痛み止めを多めに処方してもらうと良いでしょう。

インプラントの寿命は?

歯茎の状態などでインプラントの寿命は変わってくると考えられますが、手術から10年が経過した段階では、約90%の人工歯が残るといわれています。
歯科によっては10年保証など、インプラント治療が保証付きとなっているところもあります。

わからないことや不安なことは歯科医師に遠慮なくご相談を!

インプラント法について、おおよそのところはご理解いただけたのではないでしょうか。
ですが、外科手術となると、やはり不安が残るのは当然のことです。
インプラント法に関してわからないことや不安なことがあれば、まずは歯科医師に相談してみましょう。

s-shutterstock_291030479

おわりに

インプラント法はとても合理的な治療で、差し歯やブリッジといった従来の治療よりも仕上がりの状態が長持ちするというメリットがあります。
インプラント法にご興味がある方は、まずはカウンセリングを受けてみて、治療についてじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから