表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 部分入れ歯とは?差し歯やブリッジとのメリット・デメリットの違いを解説

2018.08.27

部分入れ歯とは?差し歯やブリッジとのメリット・デメリットの違いを解説


歯は、1本なくなっただけで顔の印象がガラリと変わったり、噛み合わせが悪くなったりすることがあります。

つまり、歯がなくなってしまったのであれば、できる限り早急に入れ歯やブリッジ、差し歯などの治療を受けておく必要があるということです。

ですが、これらの治療方法にはそれぞれに異なった特徴がありますので、まずはそれぞれの特徴を知り、ご自身にはどの治療が適しているのか、おおまかな見当をつけておかなくてはなりません。

今回は、部分入れ歯と他の治療方法を比較しながら、それぞれにどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

部分入れ歯とは?

それではまず、部分入れ歯、差し歯、ブリッジの違いについてご説明します。

部分入れ歯とは、歯がなくなってしまった部分に人工歯を固定する方法で、固定にはバネが使用されます。

そして差し歯の場合では、残っている歯の根に人工歯を被せて固定する治療、ブリッジでは、歯がなくなってしまった部分の両隣の歯を削り、欠損部分と両隣の歯に人工歯を被せて固定する治療となります。

部分入れ歯のメリット

部分入れ歯は、人工歯を完全に固定するのではないため、取り外しが可能、常に清潔な状態に保つことができるというメリットがあります。

また、型が合わなくなってきたと感じたら、つくり替えて使用することも可能というメリットや、治療部分以外の歯や歯の根に手を加える必要がないというメリットもあります。

一方、差し歯やブリッジは人工歯を欠損部分で完全に固定するため、部分入れ歯よりも安定感があります。

さらに、部分入れ歯よりも安定感があることから、食べ物をしっかりと噛むことができるという点も、大きなメリットだといえるでしょう。

部分入れ歯のデメリット

まず、一般的な部分入れ歯に使用されるバネは金属製であることが多く、金属アレルギーの方には治療が適用されないことがあります。

また、金属のバネは口を開いたときに目立ちますので、審美性を重視する方には向かない可能性が考えられます。

さらに、食べ物をしっかり噛めない、寿命が短い(通常で4~5年程度)、歯の根が残っていないと治療できないという部分も、デメリットとして挙げられます。

一方、差し歯やブリッジにもデメリットがないわけではなく、差し歯では材質によって短期間で変色する可能性があるというデメリット、ブリッジには、健康な歯を削って土台をつくらなければならず、奥歯には対応できないというデメリットがあります。

そして気になるのが費用や治療期間の問題でしょう。これらの治療法には、保険適用と保険適用外があり、使用する人工歯の材質によってどちらになるかが決定します。

とりあえずの間に合わせであれば保険適用の人工歯でもかまいませんが、人工歯は材質が脆かったり、変色しやすかったりすることもあります。

予算の都合もありますが、歯は一生ものですので、長い目で見るのであれば保険適用外治療も視野に入れて、治療を受けてみてはいかがでしょうか。

自分に合った歯科治療を選ぶことが大切

部分入れ歯、差し歯、ブリッジには、それぞれにメリットがありますが、デメリットもないわけではありません。また、歯の欠損状況によっては受けることができない治療もあります。

これらの治療は、どれが良くてどれが悪いということはなく、また、医師の診断によってはご自身の希望通りにならないことがあります。

この部分については実際に診察を受けてみなければわからないことですので、歯の欠損でお困りなのであれば、できる限り早めに歯科を訪れて、最も適切な治療を受けることをおすすめします。

おわりに

部分入れ歯、差し歯、ブリッジにはそれぞれに異なった特徴があり、対応できる場合とそうでない場合があります。

つまり、ご自身で治療の種類を選ぶことができない場合もあるということですので、まずは歯科で診察を受けてみて、どの治療が適しているのか医師に相談してみることをおすすめします。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから