表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 知覚過敏や虫歯を招く!本当は怖い歯茎痩せの原因と対策

2016.10.31

知覚過敏や虫歯を招く!本当は怖い歯茎痩せの原因と対策


f:id:urj:20161031160911j:plain

「最近、歯が長くなった」と感じていませんか。歯茎が痩せてくると、歯の白い部分が透けて見えるようになり、長くなったように感じます。加齢により避けられないことではありますが、原因を探れば改善方法も見えてきます。

歯茎痩せは知覚過敏や虫歯の原因にもなりますから、きちんと対策を知っておきましょう!

歯茎痩せの原因

歯茎は、年を重ねるとどうしても痩せてくるものです。しかし、老化以外にも原因はあります。順番に見ていきましょう。

歯周病

歯周病は、歯周病菌が歯茎を侵す病気です。歯周病菌は歯と歯茎の間に歯周ポケットという隙間を作って広げていくため、歯の根元が透けて見えるようになります。結果、歯茎が白っぽい、歯が長いという印象をもたらすようになるのです。

歯のかみ合わせ

かみ合わせによって歯茎が下がることもあります。一部の歯の根元だけが透けて見えるような場合は、かみ合わせが悪いために集中的に圧がかかり、歯茎が痩せてきたと考えられます。

力任せの歯磨き

硬い歯ブラシで、力強く歯をゴシゴシとこすっていませんか。歯がツルツルになって気持ちがいいのはよいことですが、裏腹に歯茎は相当なダメージを負ってしまいます。やわらかい歯肉が削れていき、結果として歯茎が痩せてしまうのです。

歯ぎしり

眠っている間の歯ぎしりも、歯肉に圧力をかけ続けることになるため、歯茎痩せの一因となります。下の歯茎がとくに下がっているという人は、歯ぎしりを疑いましょう。

歯茎痩せを放置すると知覚過敏や虫歯の原因に

見た目だけの問題だからと、歯茎痩せをついついそのままにしてしまっている人もいるでしょう。しかし、放置しているとさまざまな症状があらわれます。

まずは知覚過敏です。歯茎が痩せると、そのぶん神経に刺激が伝わりやすくなってしまいます。歯磨きのたびに歯がしみる、冷たいものや熱すぎるものを食べたい気持ちになれないという人は、知覚過敏かもしれません。

また、歯をガードする歯肉がなくなってしまうことで、虫歯になるリスクも高まります。このように、歯茎が痩せると見た目だけではなく口内の健康を損ねてしまいますから、きちんと対策しましょう。

歯茎痩せの対策

f:id:urj:20161031160935j:plain

原因によって、それぞれ対策が違います。複数の原因が考えられる場合は、対策を組み合わせて行いましょう。

歯周病は歯科治療と歯磨きの徹底を

多くの日本人がかかる歯周病は、歯茎痩せの一代要因です。歯茎が痩せてきたと感じたら、まずは歯周病を疑い、歯医者さんに相談しましょう。歯周病の原因となるプラークを除去するためのブラッシングを教わり、自宅で粘り強くケアすることが必要です。

歯のかみ合わせは矯正を

かみ合わせが悪いと、歯茎痩せのほかにも頭痛や肩こりなど不快な症状をもたらします。幼少の頃、歯並びがキレイだったという人も、加齢によってだんだん変わってくることがあるため、心当たりがあれば一度歯医者さんに診てもらったほうがよいかもしれません。マウスピースや被せ物で矯正を行います。

歯磨きに問題があるなら歯ブラシから変えてみて

歯を健康にしたいと思って力強くブラッシングしていたのに、それが歯茎を傷めていたなんて悲しいですね。まずは、硬めのブラシを普通タイプに持ち替えましょう。そして、今までよりも小刻みにブラシを振動させ、一本ずつ優しく磨くと効果的です。難しいと感じるなら、電動歯ブラシを活用しましょう。

歯ぎしりにはマウスピースを

自覚できない夜間の歯ぎしりを防ぐには、マウスピースが有効です。歯医者さんに相談して作ってもらいましょう。歯ぎしりは歯茎だけではなく、歯のすり減りやあごの痛み、偏頭痛をもたらす場合もあります。マウスピースをつければ、それらが一挙解決するかもしれませんので検討してみてください。

歯茎を磨くのはNG?

ここまで読んでくださったあなたは、「歯茎って、実はけっこう弱い存在なんだ。いたわってやらなければ」という印象を持つのではないでしょうか。確かに、歯に比べたら歯茎はやわらかくダメージを受けやすい存在です。しかし、そのためにこれまで続けてた歯茎ケアをやめるのはもったいないことです。適度な歯茎ケアは、歯茎痩せに有効だからです。

歯茎を磨くこと自体は、決して悪いことではありません。しかし、正しい磨き方で磨かないと、逆に歯茎を傷めてしまう場合があるということなのです。

歯茎の正しい磨き方

歯茎を磨く狙いは、マッサージによる血行促進効果と、歯と歯茎の間のプラークを取り去ることです。普通タイプの歯ブラシからやわらかめタイプのものに持ち替えて、毛先で歯茎方面をなぞるように優しくマッサージしましょう。

歯と歯茎の間には、斜め45度の角度で歯ブラシを差し込み、汚れをかきだすように歯茎側から歯のほうへブラッシングします。とくに歯茎自体をマッサージする際は、市販の歯茎用マッサージジェルなどを使って指の腹で優しく押すようにしてください。続けていれば血行がよくなり、歯茎がピンク色になってくることでしょう。

まとめ

歯茎痩せの原因は、歯周病やかみ合わせ、過度なブラッシングによるものです。とくに歯周病や過度なブラッシングが原因の場合は、適切な歯磨きが治療のポイントになります。プラークを取り去り、歯茎をいたわることができるような歯磨きと歯茎マッサージを心がけましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから