表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 適当に選んでいたらもったいない!知れば知るほど効果を期待できる歯磨き粉の選び方

2016.09.29

適当に選んでいたらもったいない!知れば知るほど効果を期待できる歯磨き粉の選び方


f:id:urj:20160928115752j:plain

ドラッグストアのオーラルケアコーナーにいる行く理由、滞在時間はどのくらいでしょうか?「とにかく安い歯磨き粉を買おう」と、値段だけを見て瞬間的に選び、通り過ぎてしまう人が大半だと思います。しかし、歯磨き粉にもちゃんと選び方があるのです。きちんと効果を実感できる歯磨き粉の選び方をご紹介しましょう。

口の中の状態は人によってさまざま

口の中には、数百種類の細菌が住んでいます。細菌の総数はなんと数千億個ともいわれ、その種類や数は人によってかなり差があります。口内環境は個別のものですから、やはり歯磨き粉も自分に合ったものを選ぶべきなのは考えるまでもありませんよね。

歯周病が心配、虫歯になりやすいなど、自分の歯の状態に合った歯磨き粉を選べば、毎日のオーラルケアがもっと効果の高いものになります。歯磨き粉の成分を知り、自分の悩みに沿った内容の歯磨き粉を見つけ出しましょう。

症状ごとにおすすめの有効成分を確認しよう

虫歯になりやすい人はフッ素濃度が高いものを

フッ素は、歯磨き粉に入っている有効成分の中で最も代表的なものといっていいでしょう。歯医者さんでも、虫歯予防にフッ素塗布をおすすめしているところがあるので、身近に感じる人も多いはずです。

なぜフッ素塗布が虫歯予防になるのでしょうか。歯にはもともとエナメル質がコーティングされていますが、フッ素はさらにその表面に付着してコーティングする効果があり、歯が溶けるのを防いでくれます。

また、食後は一時的に口の中が酸性に傾き、歯が溶けやすくなります。唾液中の成分がだんだん口の中の状態を正常な状態へと戻していくのですが、フッ素はこの働きを助けてくれます。口中が過度に酸性に傾くのを防いでくれるのです。

歯医者さんのフッ素塗布ほど効果はないにしろ、歯磨き粉のフッ素も同じような働きをします。フッ化ナトリウム、フッ化リン酸ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウムといった名称が歯磨き粉の成分表に記されます。虫歯予防に効果のある歯磨き粉をと望む人は、フッ素濃度が950ppm以上の歯磨き粉を選びましょう。

歯周病が気になる人は研磨剤の入っていないものを

f:id:urj:20160928115804j:plain

歯の黄ばみを防いでくれるのが研磨剤で、研磨作用で着色汚れを落とす効果が期待できます。クレンザーでサビを磨いたことのある人であればその効果がイメージできるでしょう。「清掃剤」という表記で示されていることもあります。炭酸カルシウム、無水ケイ酸、リン酸水素カルシウムといった名称で記されます。

しかし、この研磨剤には注意が必要です。歯周病で歯肉が衰えてしまっている人には逆効果だからです。歯のエナメル質や歯茎を傷つけてしまう恐れがあるため、歯周病の人はかえって歯肉を痛めつけることになりかねません。

ただ、研磨成分が全く含まれていない歯磨き粉はなかなか見かけないでしょう。歯周病の人が積極的に選ぶべき歯磨き粉は、歯周病に特化した薬用成分が含まれているものです。ちゃんと研磨成分が微弱なつくりになっていますよ。

歯の黄ばみが気になる人は研磨剤以外の作用で着色汚れを落とすものを

歯を白くしたいならホワイトニング効果のある歯磨き粉が良いと思われがちですが、歯周病の人と同様、研磨剤には気をつけなければなりません。研磨剤が過剰に配合されている歯磨き粉は、今は問題がなくともだんだん歯と歯肉を傷つけてしまう恐れがあります。

「ホワイトニング作用」と書かれてある歯磨き粉に飛びつく前に、その製品はどのようにして歯を白くするのかをきちんと確認しましょう。例えばハイドロキシアパタイトは研磨剤としても使われる成分ですが、粒子をナノサイズにまで細かくした「薬用」ハイドロキシアパタイトなら、歯への負担がないどころか、歯の傷を修復し、表面をツルツルにします。

知覚過敏の人は硝酸カリウム配合のものを

知覚過敏の人も、やはり歯と歯肉を衰えさせる研磨剤には気をつけましょう。あわせて、神経鈍麻作用のある硝酸カリウムが配合されている歯磨き粉を選ぶのがおすすめです。カリウムイオンが神経のまわりにバリアをつくり、刺激を神経に伝えにくくします。

発泡剤入りの歯磨き粉はどんな人にもおすすめできない

その名の通り、お口の中をブクブク泡立たせるのが発泡剤です。ラリウル硫酸Naといった名称で記載されています。この発泡剤、泡立ちをよくする以外には何の効果もありません。むしろ、泡によって磨いた気持ちになってしまうため、しっかり磨くためにはかえって逆効果です。発泡剤が入っている歯磨き粉は、できれば選ばないでおきましょう。

まとめ

自分の悩みに合わせて歯磨き粉を選ぶことで、歯磨きの効果が大幅にアップします。これからは、ドラッグストアのオーラルケアコーナーで吟味する時間が長くなりそうですね。歯ブラシやワンタフトブラシと組み合わせて、より実効性の高い歯磨きを心がけましょう!


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから