表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 口臭の原因は虫歯かも!?7個の原因と治療法

2016.07.10

口臭の原因は虫歯かも!?7個の原因と治療法


f:id:urj:20160707155006j:plain

歯ブラシ、フロス、舌みがき、マウスウォッシュなどで徹底的な口腔ケアをしているにもかかわらず、どうも口臭が気になる……。そんなときは要注意!虫歯かもしれません。どうして口臭が起こるのか、その原因と治療法について解説します。

原因その1 虫歯に詰まった食べカス

特に奥歯で虫歯が進行すると、歯が溶けてできた隙間に食べカスが詰まりやすくなります。歯磨きで除去しきれない食べカスがそのままになってしまうと、腐敗して悪臭が漂い始めます。

原因その2 歯垢

歯周病になると口臭が目立つといいますが、これはどういうことなのでしょうか。これには歯垢が大きく関わっています。この歯垢の正体は、歯周病菌と呼ばれる細菌のかたまりです。まず前提として、菌類がたんぱく質を分解することを腐敗や発酵と呼びます。この時、臭いが発生するのですが、まさに口の中でもこの歯周病菌がたんぱく質を分解しており、それが臭いの原因となるのです。

原因その3 神経が腐敗している

虫歯が進行し、神経にまで到達すると、神経が死んでしまい腐り始めます。これは歯根膜炎と呼ばれるもので、かなりきつい臭いがします。

原因その4 歯茎に溜まった汚れが腐敗する

歯と歯茎の間の隙間を歯周ポケットといいます。この隙間に汚れが溜まり、合わせて細菌が入り込むと分解が進むため、臭いが発生し始めます。特に歯周病の人は、歯周ポケットが大きくなるため注意が必要です。また、歯周病ではない人も、歯茎が腫れたり出血があった場合は、歯周ポケットに汚れが溜まっている可能性を疑いましょう。

原因その5 歯茎に膿が溜まっている

神経を抜いた後の歯に起こりやすいのが、歯茎に膿が溜まる「フィステル」です。もしも治療した部分の歯茎が膨れ、膿が出てきたとしたら、神経を抜いた後の隙間に細菌が入り込み、悪さをしていることになります。このときの口臭はかなりのものですし、歯茎にも悪影響であるため、一刻も早く歯科医にかかることをおすすめします。

原因その6 差し歯の奥で虫歯が発生している

口臭が気になる人のうち、差し歯がある人は、差し歯の元となっている歯の虫歯を疑ってみてください。ここは自分でケアすることができないので、トラブルが起きやすい環境になっています。差し歯の中で細菌が大量発生し、虫歯ができると、やはりきつい口臭が出ます。

原因その7 消化器系の疾患

口臭の原因は、口の中のトラブルだけに限りません。胃が悪いと、その臭いが口まで伝わってきてしまいます。食べ過ぎなど一過性の原因なら心配することはありませんが、口内に異常がないにもかかわらず、継続的に口臭がするようなら消化器系の疾患を疑います。

まずは歯医者へ行こう!

f:id:urj:20160707155040j:plain

何が原因かを突き止めるためにも、口臭が気になったらまずは歯医者へ駆け込みましょう。虫歯があれば治療し、クリーニングで歯垢や歯石を取り除けば、次第に口臭は薄れていくはずです。

虫歯の治療をしたにもかかわらず、どうも口臭が治らないといった場合には、消化器系の病院へ行ってみましょう。思わぬ病気が見つかるかもしれません。

日々の歯磨きで細菌を寄せつけない

口臭の原因は、突き詰めれば細菌です。歯周病菌と虫歯菌を口内で大量発生させないように、こまめなブラッシングで細菌をシャットアウトしましょう。治療した後の歯は、とくに細菌が発生しやすい環境にありますから、念入りに磨くことが大事です。

「きちんと磨いていたつもりだった」という人もいることでしょう。しかし、口臭が出てしまったということは、今までの磨き方や習慣を見直すべきということです。効果的な歯磨きのために、正しいブラッシング法を歯科医師から改めて教わることをおすすめします。

フロスやワンタフトブラシでさらにキレイに

これまで一般的な歯ブラシしか使ってこなかったという人は、歯科医師のすすめに応じてデンタルフロスやワンタフトブラシを併用することをおすすめします。デンタルフロスは、歯ブラシでは届かず、虫歯になりやすい歯間の汚れをかきとってくれます。ワンタフトブラシは部分掃除用で、ヘッドがかなり小さいので歯並びの悪い場所に最適です。

ただし、磨きすぎには注意したいものです。とくに固い歯ブラシで歯茎をブラッシングし続けると、歯茎が痩せてしまう原因になります。歯科医師の指導を守ってケアしましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから