表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 歯肉炎を歯磨きで治そう!効果的なブラッシングの方法

2016.10.31

歯肉炎を歯磨きで治そう!効果的なブラッシングの方法


f:id:urj:20161031160620j:plain

朝起きると、歯茎が腫れている。歯磨きをすると血が出る。そんな症状が出ていたら、それは歯肉炎かもしれません。歯肉炎は、歯周病の入り口といわれています。

でも、ご安心ください。歯磨きのときに効果的なブラッシング法を実践すれば、歯茎の改善が見込めます。早めに対策して治してしまいましょう。

歯肉炎とは

歯肉とは、歯茎のことです。歯茎が腫れていたり、ムズムズとかゆい感じがしたり、どす黒く変色したりするのが「歯肉炎」の症状です。炎症が起こっているにも関わらず、そんなに痛くないことが特徴なので、あまり深刻に受け止めない人もいるかもしれません。

しかし、この歯肉炎は、歯周病への第一歩。「歯周病になりかけているよ」という、歯茎からのメッセージなのです。もしも痛みが伴っているなら、すでに歯周病が進行してしまっていると考えていいでしょう。

歯肉炎の原因

歯肉炎になる主な原因は、口内細菌のかたまりであるプラークです。プラーク内の細菌は歯茎に付着し、内部へ侵入しようとします。これを防ごうと歯肉が炎症を引き起こすため、歯茎が腫れるのです。

正しくブラッシングを行えば、プラークが大量に溜まることはほとんどありません。しかし、不十分な歯磨きや、間違ったブラッシングをしてしまうとプラークは付着したままになり、どんどん溜まっていきます。結果、歯肉炎になってしまうのです。

歯肉炎に効果的なブラッシング方法

f:id:urj:20161031160637j:plain

それでは、歯肉炎に効果的な歯磨きとはどのようなものなのでしょうか。コツは、歯肉の状態に合わせてブラッシング法を変えることです。

痛みがない場合はスクラビング法

歯肉炎の症状がまだ軽く、歯磨きが苦痛でない場合は、「スクラビング法」がおすすめです。やわらかめで先の細い歯ブラシを使い、歯と歯茎の間を集中的にマッサージするように磨きます。

まずは歯ブラシを横にして、歯に毛先を直角に当てましょう。このとき、歯茎にも歯ブラシの毛が触れるようにします。軽く振動させるように小刻みに動かし、一本ずつ丁寧に磨いていきます。意識して磨く順番を毎日変えるようにすると、歯が偏りなく磨かれます。

かなり痛い場合はバス法

歯磨きが苦痛なほど歯肉炎が進んでいる場合は、さらに歯茎を傷つけないバス法で磨きましょう。歯に対して45度の角度になるようブラシの毛を当てます。そして、歯と歯茎の間に毛先を密着させるようにしてください。そのまま、ほとんど動きがないほど小刻みに毛先を振動させて丁寧に磨いていきます。

このとき、歯ブラシを強く持ち過ぎないよう注意してください。あくまで静かに優しくマッサージをすることが重要です。

歯並びが悪い場合は突っ込み振るわせ磨き

スクラビング法やバス法では、歯並びの悪い人の歯肉を磨ききることがなかなか難しいものです。歯ブラシの毛先を歯と歯の間にグッと突っ込んで細かく震わせると、どんな歯並びの人も効果的にプラークを除去できます。これを、突っ込み振るわせ磨きといいます。

この磨き方を、先端の固い歯ブラシで実行してしまうと、歯肉をかなり傷つけてしまうので注意しましょう。あくまでやわらかめの歯ブラシを選ぶのが重要です。

歯肉の血行促進に歯茎マッサージ

歯を磨いたあとは、歯茎マッサージを行うとより効果的です。歯茎専用のマッサージジェルなどを使って、手を清潔にしてから人差し指と親指で歯茎をつまむようにしましょう。ゆっくり押しながらマッサージすれば、どこがどのように炎症しているのか、セルフチェックもできるので一石二鳥です。

歯肉をマッサージすると、血行とリンパの流れがよくなります。歯肉だけではなく、口内全般の健康に役立ちますから、気づいたときに実行するようにしましょう。

まとめ

歯肉炎には、歯と歯茎に付着したプラークを除去するブラッシングが最も効果的です。自分の歯茎の状態に合ったブラッシング法を覚えて実行しましょう。歯肉炎を治すことが、歯周病の進行を食い止めることにつながります。

十年後、自分の歯で笑っていられるために、しっかり治しましょう!


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから