表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 銀歯が取れちゃった!というときに見てもらいたい3つの対処法とNG行動

2018.06.29

銀歯が取れちゃった!というときに見てもらいたい3つの対処法とNG行動


銀歯が取れるということは滅多にありませんが、入れてもらってから長い年数が経過している場合では、食事中にポロッと取れてしまうことがあります。銀歯が取れるとそのあとにぽっかりと穴が開き、なんだか変な感覚になりますよね?そしてそれが気になるあまり、自己流の応急処置をする方がいますが、銀歯が取れた際には、やっても良い対処法と、やってはいけないNG行動があります。

銀歯は小さな詰め物ですが、それがないとさまざまな部分に支障をきたすことになります。それでは、銀歯が取れた際の対処法と、やってはいけないNG行動をご紹介します。

銀歯の詰め物が取れても慌てずに

銀歯の詰め物が取れた際には、とりあえず慌てずに落ち着いて行動しましょう。それは、銀歯が取れたからといって即座に生命の危機に陥ることはありませんし、今すぐに歯科で診察を受けられなくても、それほど心配する必要がないからです。

とはいえ、銀歯が取れた歯の健康については心配ですよね?銀歯が取れたら、なるべく早めに歯科で治療を受けることが大切です。ですが、今すぐに治療を受けることができないのであれば、とりあえず以下の対処を行ってみましょう。

銀歯の詰め物が取れたときにおすすめの対処法

念入りに歯磨きする

銀歯で埋まっていた部分には穴が開きますので、あまり刺激しないように注意しながら、丁寧に歯磨きしましょう。銀歯は歯を削って入れるため、削った部分の象牙質はむき出しの状態になっています。

つまり、本来であれば守ってくれるはずのエナメル質がなく、非常に虫歯ができやすい状態になっているということです。触るのが怖くても、取れてしまった以上その部分をできる限り清潔に保たなくてはなりません。銀歯が取れた部分の歯磨きは、優しく、ゆっくり、丁寧に行っておきましょう。

銀歯が取れた歯で食べ物を噛まない

開いた穴に食べ物が詰まってしまうと、それが虫歯をつくり出す原因になります。つまり、銀歯が入っていた歯で食物をなるべく噛まないように注意する必要があるということです。

歯がしみるときには?

熱い食べ物や冷たい食べ物、刺激物の摂取を控えてみましょう。穴が開いている部分の神経がむき出しの状態になっていると、ちょっとした刺激で歯がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。このようなときには、なるべく歯やその周囲を刺激しない食べ物や飲み物で、その場をしのぎましょう。

銀歯の詰め物が取れたときのNG行動

自分で元の場所にはめ込む

銀歯が取れると、自分ではめ込むことができるのではないかと思い、無理に元の場所へはめ込もうとする方がいます。ですが、自己判断でこれをやってしまうと、銀歯が変形したり、歯や歯茎を傷付けたりするリスクが高まります。取れた銀歯はなるべくいじらずに、容器に入れて保管しておきましょう。

市販の瞬間接着剤で貼りつける

最もやってはいけないのが、この行動です。瞬間接着剤はとても便利なアイテムではありますが、毒性が認められる物質が配合されている可能性があるため、口内には使用すべきではありません。また、毒性物質が神経に触れてしまうと神経が死んでしまうことも考えられます。

歯科で銀歯を入れる際には、必ずその部分の洗浄・除菌・乾燥させた上で銀歯を入れますので、安易に瞬間接着剤で貼りつけることだけは絶対にやめましょう。

1ヵ月以上放置する

銀歯が取れたあとの歯の放置は長くて1ヵ月までです。それ以上放置すると、歯が削れたり虫歯になったりするリスクが高まりますので、できるだけ早めに歯科で治療を受けておきましょう。
s-shutterstock_604410935

おわりに

今回は、銀歯が取れたときに行うべき対処法や、ついやってしまいがちなNG行動をご紹介してきました。銀歯が取れたあとの葉は守られるものが何もなくなっている、非常にデリケートな状態です。

これくらいなら自分で治せる!という素人考えで間違った処置をしてしまうと、神経や歯に悪影響が及び、後悔することにもなりかねません。銀歯が取れたら自分でなんとかしようと考えるのではなく、できるだけ早めに歯科で治療を受け、さまざまなリスクから歯を守りましょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから