表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 重曹で歯磨きすると白くなる?重曹ホワイトニングの真相とその他の効果について

2018.06.29

重曹で歯磨きすると白くなる?重曹ホワイトニングの真相とその他の効果について


重曹といえば、汚れをスッキリ落とす成分としてよく知られています。そして最近では、重曹を使用した歯の重曹ホワイトニングがいいらしいという話が浮上してきています。ですが、掃除用にも使用する重曹を歯のホワイトニングに使用する際には、その安全性が最も気になります。

歯科でのホワイトニングの費用は高額ですが、重曹であれば安価で手に入りますので、もしも重曹でホワイトニングできるのなら、こんなに嬉しい話はありません。

今回は、重曹でホワイトニングできるというのは本当の話なのか、噂の真相に迫ってみることにします。

重曹ホワイトニングとは?

重曹には、陶器などに染みついた茶渋を始め、頑固な汚れを落とす作用があります。この部分だけで考えるのであれば、重曹を使用すればホワイトニングを自宅で行えるような気がしますよね?

このような考え方から生まれたのが重曹ホワイトニングで、普段使用している歯磨き粉に重曹を混ぜる、ハチミツに重曹を混ぜるなど、さまざまな方法で重曹ホワイトニングをここ見ている方もいると聞きます。

では、重曹でホワイトニングできるという話は本当なのでしょうか?人体に悪影響がおよぶことはないのでしょうか?

重曹ホワイトニングの真相

歯科でのホワイトニングは、過酸化水素または過酸化尿素といった高い漂白作用のある薬剤を使用して行われますが、これらの薬剤は医療機関のみの取り扱いとなり、ドラッグストアなどでは入手することができません。

一方、重曹はドラッグストアなどで購入することができ、わざわざ歯科へ足を運ぶ必要がないというメリットをもっています。また、重曹がもつタンパク質分解作用で歯を白くする効果は期待できます。ですが、結論をお話ししますと、重曹ホワイトニングはおすすめできない方法です。

塩分過多のリスク

重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウムで、この名称から、重曹にはナトリウムが多く含まれていることがわかります。つまり、重曹ホワイトニングでナトリウムが体内に入ると、それだけで1日のナトリウム摂取量が許容範囲を超える可能性が出てくるということです。

研磨作用でエナメル質が削られる

重曹は粒子が細かいため、陶器を擦っても傷がつきにくいという特徴があります。ですが、それはあくまでも陶器の話であって、陶器よりも柔らかい歯に重曹を使ってしまうと、表面のエナメル質が削り取られてしまうリスクが高まります

粘膜への刺激

重曹にはタンパク質分解作用があるため、使用頻度が高いとタンパク成分である粘膜にダメージを与えてしまう可能性があります。また、重曹はアルカリ成分であるため、この成分によって口内がアルカリに傾くと歯石がつきやすくなります。

その他に効果はあるのか?

薄い濃度の重曹で口内をすすぐことにより、軽度の口臭であれば改善することが可能です。ただし、その効果は臭いが強い食品やタバコの臭いを消す程度に留まり、歯周病によって起こっている口臭の改善効果は期待できないでしょう。

重曹で一時的に口臭を改善することができたとしても、歯周病の場合では根本的な治療を受けない限り、臭いを根元から絶つことは難しいでしょう。

「重曹でホワイトニングできる」とワクワクしていた方にとっては、今回は少々残念な内容だったかもしれません。ですが、重曹ホワイトニングで塩分過多やエナメル質が削られてしまったら、もっと残念な結果になります。

きちんとホワイトニングを行いたいのであれば、自己判断で重曹ホワイトニングを行うのではなく、歯科で専門的なホワイトニングを受けるというのが、最も賢い選択でしょう。

s-shutterstock_588722306

おわりに

お手軽にホワイトニングできると評判の重曹ホワイトニング、実は、そこには思ってもみなかったリスクが潜んでいます。

「歯が白くなった」
「お手軽にホワイトニングできる」

このような口コミだけを頼りに重曹ホワイトニングを行うと、のちのちになって後悔することにもなりかねません。ホワイトニングを安全に行いたいのであれば、まずは歯科でカウンセリングを受けてみると良いでしょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから