表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > 日本人の歯並びは悪い!?歯並びが悪くなる6つの原因

2018.05.21

日本人の歯並びは悪い!?歯並びが悪くなる6つの原因


s-shutterstock_443199724

芸能人など人前に出る機会が多い方は別として、日本人の歯並びは外国人よりも全体的に悪いと思いませんか?
それだけではなく、ある調査によると、日本人の歯の生涯残存率は世界的に見てかなり低いということがわかっています。
また、歯並びに関する考え方も海外ほど神経質ではないといわれています。
ですが、歯は表情にも影響を及ぼす大切なパーツですので、できれば虫歯がない綺麗な歯並びをキープしておきたいものですよね?
今回は、なぜ歯並びが悪い日本人が多いのか、その原因について探ってみることにします。

日本は先進国の中で歯並びが悪い国にランクイン!?

綺麗好きな国民性で知られている日本人ではありますが、歯の清潔感や健康に関しては意外と無頓着な方が多いという事実、この原因はどのようなところにあるのでしょうか?
それは、日本は海外よりも予防歯科に対する認識が低く、予防歯科で定期的に歯の検診やクリーニングを受ける方が少なく、自己処理に頼っている方が多いためです。
また、虫歯や歯並びの問題は治療で解決できると考えている方が多いというのも、予防歯科を遠ざける原因のひとつとなっています。

ですが、歯並びが悪くなる原因はこれに留まらず、以下の理由によって起こることもあります。

歯並びが悪くなる6つの原因

遺伝

骨格は遺伝の影響を受けますので、それに伴い歯並びも遺伝します。
また、食べ物の噛み癖などが遺伝することによって刃ならびに影響が及ぶこともあります。

文化・歯に対する意識の違い

欧米人は自己表現力が豊かで、表情も豊かです。そのため、白さや歯並びにこだわる方が多いという特徴がありますが、日本人はどちらかというと表情に乏しく、歯を思いきり出して笑顔をつくる機会が少ないという違いがあります。
歯を見せる機会が少なければ、それだけ歯に対する関心も薄れ、これが歯並びを悪くする原因のひとつになっています。

アーチが狭い

歯は顎の骨格に沿ってアーチ型に生えていますが、日本人はもともとアーチが狭い人が多く、欧米人よりも歯並びが悪くなることがあるといわれています。

顎の未発達

顎の骨格か小さいとアーチも小さくなり、歯並びも悪くなりがちです。顎が未発達のままで大人になると、アーチが狭いままで骨格が固まってしまいますので、幼少期からよく噛んで食べる、柔らかいものばかりを食べないなどの工夫を行い、顎の発達を促すことが大切です。

口呼吸

口呼吸が習慣になっていると、口内が乾きやすく唾液による殺菌効果を得にくくなります。さらに、口が開いている時間が長いために舌が正しい位置に納まらず、噛み合わせが悪くなることがあります。
また、口呼吸は口臭が強くなる原因にもなりますので、口呼吸が習慣になっている方は、今すぐにその癖を治す努力を行うことが大切です。

歯周病

歯磨きが十分でないと、口内に歯周病菌が繁殖し、歯周病になることがあります。歯周病は虫歯を誘発するだけではなく、口臭や噛み合わせの悪さの原因になることもあります。
歯周病が悪化すると骨格にまで悪影響が及ぶことがありますので、歯や歯茎に異常を感じたのであれば、ひとまず歯科医で適切な治療を受けておくことおすすめします。

審美を意識して歯並びを見直してみよう

ご紹介したとおり、歯の健康や歯並びに関して無頓着なのが、私たち日本人です。
ですが、歯並びが悪いと口内環境が悪化したり、虫歯ができやすくなったりと、いいことがありません。
歯並びは、一般の歯科や審美歯科などで改善することができますので、特に歯並びの悪さによってさまざまな問題が生じているという方は、この機会に専門医に相談し、治療を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

s-shutterstock_573869464

おわりに

普段はあまり意識していなくても、笑顔になると思い切り目立つのが歯並びです。
歯並びが悪くても、それが生活に直接的な影響を及ぼすことは少ないかもしれませんが、歯周病など、口内のトラブルの原因になる可能性があるのが、歯並びの悪さです。
歯に対する意識を変えてみようとお考えの方は、この機会に専門医に相談して、どのような治療があるのかということだけでも確認しておいてみると良いでしょう。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから