表参道駅の歯医者・歯科TOP > 歯、インプラントと美容のメディアHealthy Life > 歯の健康 > むし歯の原因となる脱灰とむし歯予防してくれる再石灰化の仕組みを解説

2018.05.21

むし歯の原因となる脱灰とむし歯予防してくれる再石灰化の仕組みを解説


初期の虫歯は見つけにくく、虫歯になっていたとしても自覚症状がないため、放置しているといつの間にか歯に穴が開いていることも少なくありません。
このように歯に穴が開くのは虫歯によるもので、虫歯は脱灰が原因となって起こります。
ですが、そう聞いても専門的な知識を持ち合わせていないとあまりピンときませんよね。
特に脱灰という言葉はあまり一般的ではないため、ご存じないという方は多いはずです。
今回は、脱灰とはなにか、どのようにして起こるのか、そして、脱灰や虫歯を防ぐ方法についてご紹介していきます。

脱灰が虫歯の原因に!脱灰ってどんな現象?なんで起こるの?

脱灰とは、歯に含まれるミネラル成分が溶け出す状態をいいます。
ではなぜ、このようなことが起こるのでしょうか?
それは、食事や間食によって口内に発生する酸が、歯の表面を覆っているエナメル質を溶かすことが原因で起こります。
また、口内に残った食品ではなく、歯垢が溜まっているとミュータンス菌やバチラス菌といった一般的に”虫歯菌”と呼ばれる菌が増殖し、それらが産生する酸によって脱灰が起こることもあります。
そして、やがて歯に穴が開く状態が虫歯と呼ばれるようになりますが、実は、ひとたび虫歯ができたらそのままどんどん広がるということはなく、虫歯が悪化する前には再石灰化という現象が起こり、再石灰化がスムーズに行われれば、歯は元の状態に戻ります。

歯の修復目的で起こるのが「再石灰化」

では、再石灰化とはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?
再石灰化は、口内の唾液によって自然にエナメル質が再編成される現象で、口内を清潔な状態に保って歯への唾液の接触が頻度が高まれば、よりスムーズに行われます。

脱灰はこうして予防

再石灰化が行われれば、ちょっとくらいの虫歯は怖くないと思ってしまうかもしれませんね。ですが、口内に虫歯菌が繁殖してしまった状態では、再石灰化よりも速いスピードで脱灰が進むことも考えられ、虫歯が悪化する可能性が広がります。
そして、これを防ぐためには、ダラダラ食いをしない、食事の30分後を目安としてよく歯を磨いておくことなどを心がける必要があります。
また、就寝時には唾液の分泌量が減り、再石灰化のスピードが緩やかになりますので、特に寝る直前に何かを食べたり飲んだりすることは避けなくてはなりません。

石灰化を促進させるためには?

石灰化の促進で最も大切なことは、虫歯菌が繁殖しにくい口内環境をつくっておくことです。
そのためには、上記でご紹介した注意事項を守るとともに、フッ素やキシリトールなどを配合した歯磨き粉でしっかりと歯磨きするという方法がおすすめです。
また、しっかりと磨けているようで、実は磨き残しが多いのが歯磨きで、これによって歯垢がどんどん溜まると、いつしか脱灰から虫歯になってしまうことがあります。
歯磨きが苦手、あるいは磨き残しが心配という方は、ひとまず歯科医師に相談し、歯磨き指導を受けるとともに、定期的に歯科検診を受けておくと良いでしょう。

お口のメカニズムを知ること=虫歯の予防

私たちの身体にはもともと自然治癒力が備わっており、再石灰化もそのうちのひとつです。
今回は、脱灰と虫歯の関係、エナメル質を再編成する再石灰化についてザックリとご紹介してきましたので、虫歯で辛い思いをしたくないのであれば、このようなお口のメカニズムをきちんと理解したうえで、口内環境を整える工夫を行うことを心がけましょう。

s-shutterstock_364820015

おわりに

虫歯が悪化すると傷みが発生するだけではなく、食品が虫歯の穴に挟まる、歯の色が変わるなど、さまざまなトラブルの原因になります。そうならないためには、脱灰や再石灰化のメカニズムをきちんと理解し、口内環境を整える工夫を行うことが何よりも大切です。


表参道駅徒歩2分の歯科はこちらから